このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000113441
提供館
(Library)
南アルプス市立図書館 (2310126)管理番号
(Control number)
200122
事例作成日
(Creation date)
2012/03/09登録日時
(Registration date)
2012年11月04日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年11月04日 02時00分
質問
(Question)
お正月に飾る門松の竹の先を、斜めに切っていないものがあると聞いたがどうしてか。
回答
(Answer)
戦国時代、武田と徳川が戦いの中で正月を迎え、両軍とも門松を競って作った。徳川方は竹の先を斜めに切ったが、武田方は竹の節のところで平らに切り落とした。これを見た両軍は、お互いに相手をからかったという。
武田方で「松(徳川)枯れて、竹(武田)たぐひなきあしたかな」と言えば、徳川方では「松(徳川)枯れで、竹だ(武田)くび(首)なきあしたかな」とやり返したという。このことから、甲州では門松の竹の先を斜めに切ることを忌み嫌い、竹の先を平らにするようになったと言われている。
回答プロセス
(Answering process)
『定本柳田邦男集』の目次で門松について調べたが、竹の先にについての記述は、見つからなかった。この他380番台の資料を見たが、見つからなかった。
その後、武田氏に関わる話が由来となっていると聞いたので、地域資料の380番台を見ていったところ、該当資料が見つかった。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
やまなしの民俗 上巻
暮しに生きる日本のしきたり
キーワード
(Keywords)
門松
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000113441解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決