このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112886
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201210-02
事例作成日
(Creation date)
2010年02月28日登録日時
(Registration date)
2012年10月22日 19時20分更新日時
(Last update)
2014年09月02日 00時30分
質問
(Question)
「大阪ガラス発祥之地」の碑について知りたい。
回答
(Answer)
 大阪市北区にある大阪天満宮の正門の西側に「大阪ガラス発祥之地」の碑があります。その碑によると、江戸中期の宝暦年間(1751~1764)に大阪天満宮の前でガラスの製造を始めた長崎の商人・播磨屋清兵衛が、「大阪ガラス商工業ノ始祖」だとされています。播磨屋清兵衛は、オランダ人が長崎に伝えたガラス製法を学び、大阪に持ち込んだのです。
 1819(文政2)年には渡辺朝吉という人物が川崎村(現在の北区西天満六丁目付近)にガラス工場を作ります。同じ頃、ガラスの製造法が江戸に伝わったといわれていますから、ガラス製造の開始は、江戸よりも大阪の方が早かったことになります。
 明治時代に移るとイギリスから新しい製造技術が入り、北区は、大阪のガラス産業の中心地として成長していきます。
 『江戸切子:その流れを支えた人と技』という本には「大阪のカットグラス」という1章が設けられており、大阪のガラス産業の歴史の一端が詳しく記されています。それによると、1875(明治8)年に伊藤契信が川崎村天満山(現在の北区与力町)にガラス工場を作り、1882(明治15)年には大阪最初の洋式ガラス工場を新設して、同地に日本硝子会社を設立。1888(明治21)年には、日本硝子会社を退職した島田孫市が同じ天満地区に島田硝子製造所を興します。この島田孫市は、大阪における洋式切子の端緒を開いた職人の一人であり、大阪の近代ガラスを象徴する人物だったといいます。
 これ以後、現在の与力町・同心界隈を中心にガラス工場が増えていき、アジア市場への輸出などもあって、大阪のガラス産業は急速に膨張します。前掲書p241には、「昭和初期迄の大阪の硝子業者は小規模ながら、江戸以来の伝統を引く各種珠類、灯火器、瓶類などの薄物製品を中心に、食器を含めて多種多様であり、その業者の数は東京を凌いでいた」との記述もあり、往時の盛況ぶりがうかがえます。(ちなみに、ガラスのビー玉がはじめて国産化されたのも大阪市北区です。)
 こうした大阪のガラス産業の移り変わりについては、『新修大阪市史 第6巻』p258~259ほかに記されているほか、『北区誌』 p595や『北区史』 p474でも断片的に触れられています。
 国内の競争や安い輸入品に押されて、隆盛を誇った大阪のガラス産業も衰退し、今では、「大阪ガラス発祥之地」天満界隈からガラス工場はほとんど姿を消してしまいました。しかし、薩摩切子の技術を受け継ぐ「天満切子」が製造されるなど、ガラス産業の伝統は今もこの地に生き続けています。
 なお、前掲『江戸切子:その流れを支えた人と技』p243によれば、「大阪のカットグラスは江戸時代から作られていたことは間違いな」いとのことですが、これは今でいう「天満切子」とは異なります。「天満切子」は、北区同心の切子工房が新たに生んだオリジナル・ブランドの名称です。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
近畿地方  (216 9版)
セラミックス.窯業.珪酸塩化学工業  (573 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸切子:その流れを支えた人と技』山口勝旦 里文出版 1993 ISBN 4-947546-57-3<当館書誌ID:0000321736>
『新修大阪市史 第6巻』新修大阪市史編纂委員会編集 大阪市 1994 <当館書誌ID:0000427809>
『北区誌』大阪市北区役所 1955 <当館書誌ID:0000244948>
『北区史』大阪都市協会編集 北区制一〇〇周年記念事業実行委員会 1980 <当館書誌ID:0070059801>
『日本のガラス:その見方、楽しみ方』戸澤道夫 里文出版 2001 ISBN 4-89806-155-9<当館書誌ID:0010156136>
『なにわの職人:“ええなぁ"と見惚れる技60人』淡交社編集局編 諸木靖宏写真 淡交社 1997 ISBN 4-473-01524-6<当館書誌ID:0000593567>
『まちに活きる技と心:北区の伝統文化と職人さん』大阪市北区役所区民企画担当 2007 <当館書誌ID:0011745854>
『大阪史蹟辞典』三善貞司編 清文堂出版 1986 ISBN 4-7924-2341-4<当館書誌ID:0000214926>
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市北区
「大阪ガラス発祥之地」の碑
ガラス
天満切子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000112886解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!