このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000112871
提供館
(Library)
高知県立図書館・高知市民図書館本館 (2110040)管理番号
(Control number)
県立I2012-58
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年10月21日 10時32分更新日時
(Last update)
2018年08月31日 19時02分
質問
(Question)
放射能・枯葉剤が胎児に与える影響について知りたい。(後日の追加で、ドキュメンタリー風に書いたものがよい、とのこと)
回答
(Answer)
※ 高知県立図書館・高知市民図書館合築に伴い、資料に関する情報が現在の情報とは異なる場合があります。 ※

以下の資料をご紹介しました。

◆放射能関係
 『チェルノブイリいのちの記録』(菅谷昭/著 晶文社 2001)
 『チェルノブイリの菜の花畑から』(河田昌東・藤井絢子/編著 創森社 2011)
 『原爆開発における人体実験の実相』(河井智康/訳著 新日本出版社 2003)
 『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害 科学的データは何を示している』
              (核戦争防止国際医師会議ドイツ支部/著 松崎道幸/監訳 合同出版 2012)

◆枯葉剤関係
 『枯葉剤に遭った子どもたち』(細谷久美子/著 同時代社)
 『枯葉剤とガーちゃん』(早乙女勝元/著 草の根出版会)
 『枯葉剤の村の子どもたち』(北沢杏子/文 高岩震/写真 アーニ出版)
 『ベトナム戦争と生態系破壊』(SIPRI/編 岸由ニ・伊藤嘉昭/訳 岩波書店)
回答プロセス
(Answering process)
問合せのあった当日は、原発関係の棚、ベトナム戦争関係の棚、医学の棚(放射能関係)、児童室を案内。
6冊選んだうち、下記の3冊を貸出。
『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害 科学的データは何を示している』(№1106854209)
『あの日、ベトナムに枯葉剤がふった 戦争の傷あとを見つめつづけた真実の記録』(№1200262036)
『みんなのくらしと放射線』(№1106362807)

《数日後にまた来館されるとのことで引継ぎ》

1)Googleで下調べ
 ”放射能”×”胎児”×”影響”などで検索
 ”枯葉剤”×”胎児”×”影響”などで検索
   ⇒放射能が与える影響、枯葉剤が与える影響ともに
     ある程度研究されていることがわかった。

2)OPACで検索
 ”枯葉剤”、”枯れ葉剤”などで検索
  ⇒ベトナム戦争の本がヒットしたが、子ども室にあるものがほとんど。
 ”放射能”×”影響”などで検索
  ⇒ヒットしたもののうち、該当がありそうな資料を抜き出し、中身を確認した。

3)1・2と並行して、一般書架を確認した。
   ⇒放射能関連の本はたくさんあった。
     枯葉剤関連の本はほとんど見当たらず。

4)Ciniiで検索
 ”枯葉剤”×”胎児”×”影響”で全文検索
 ⇒論文が22件ヒット。(うち、該当しそうなものは「ベトとドクの発達に関する事例研究(I) : 「健康な」結合双生児時代 」)

《再来館。上記で調べたものと、他の職員がその場で調べた十数冊を紹介。ご自身で選んだものを借り出しされた。》
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
基礎医学  (491 9版)
内科学  (493 9版)
婦人科学.産科学  (495 9版)
参考資料
(Reference materials)
『原爆開発における人体実験の実相』(河井智康/訳著 新日本出版社 2003)(559.7 自館ID1104379472)
チェルノブイリいのちの記録』(菅谷昭/著 晶文社 2001)(916/スケ 自館ID1104254535)
『チェルノブイリの菜の花畑から』(河田昌東・藤井絢子/編著 創森社 2011)(543.5 自館ID1106626029)
『蝕まれる星・地球』(豊崎博光/著 平和博物館を創る会/編 平和のアトリエ 1995)(519.5/T 自館ID1101119434)
『図説基礎からわかる被曝医療ガイド』(箱崎幸也ほか/著 鈴木元/監修 日経メディカル開発 2011)(493.1 自館ID1106629973)
『チェルノブイリ原発事故がもたらしたこれだけの人体被害 科学的データは何を示している』 (核戦争防止国際医師会議ドイツ支部/著 松崎道幸/監訳 合同出版 2012)(493.1 自館ID1106854209)
『原爆と原発』(落合栄一郎/著 鹿砦社 2012)(559.7 自館ID1106874181)
『内部被曝』(肥田舜太郎/著 扶桑社 2012)(S/493.1 自館ID1106690991)
『これでわかるからだのなかの放射能』(安斎育郎/著 合同出版 2011)(498.4 自館ID1106493768)
『放射能はなぜこわい』(柳沢桂子/著 地湧社 1988)(429.4/Y 自館ID1101073995)
『放射能は本当に微量でも危険なのか?』(佐渡敏彦/著 医療科学社 2012)(493.1 自館ID1106867516)
『ベトナム戦争と生態系破壊』(SIPRI/編 岸由ニ・伊藤嘉昭/訳 岩波書店 1979)(468/S 自館ID1100378676)
『枯葉剤の村の子どもたち』(北沢杏子/文 高岩震/写真 アーニ出版 1998)(367 自館ID1200541942)
『枯葉剤とガーちゃん』(早乙女勝元/著 草の根出版会 2006)(223/1 自館ID1200616694)
『あの日、ベトナムに枯葉剤が降った』(大石芳野/作 写真 くもん出版 1992)(91/オ 自館ID1200262036)
『枯葉剤に遭った子どもたち』(細谷久美子/著 同時代社 2011)(367.6 自館ID1106710013)
キーワード
(Keywords)
放射能障害
枯葉剤
被曝
胎児への影響
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000112871解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!