このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111705
提供館
(Library)
相模原市立橋本図書館 (2210035)管理番号
(Control number)
相橋-H24-092
事例作成日
(Creation date)
2012年07月15日登録日時
(Registration date)
2012年09月23日 15時16分更新日時
(Last update)
2012年10月19日 17時04分
質問
(Question)
お伽草子の「一寸法師」という作品について知りたい。発生した地域や時代などがわかるものを紹介して欲しい。
回答
(Answer)
①~④の資料を提供した。
回答プロセス
(Answering process)
市内OPACでキーワードを“一寸法師”、対象を参考図書にして検索すると次の資料が見つかった。

①『中世王朝物語・御伽草子事典』 神田龍身/編 勉誠出版 2002 (自館請求記号:R913)
p708-711に「一寸法師」の項目がある。成立、分類、梗概、素材・関連作品、特色、翻刻、参考文献などが書かれており、一寸法師のおおまかな全体像がつかめる。

①の資料の近くを探すと次の資料が見つかった。

②『お伽草子事典』 徳田和夫/編 東京堂出版 2002 (自館請求記号:R913)
p156-158に記述がある。一寸法師の成立期は室町末期か近世初期ごろとしている。分類、梗概、内容、主要伝本などについて書かれている。

伝説や昔話に関する資料がある棚(分類38)から次の資料を見つけた。

③『日本昔話事典 縮刷版』 稲田浩二/(他)編 弘文堂 1994 (自館請求記号:R388)
p62-65に記述がある。お伽草子の一寸法師だけでなく、民間伝承の中の小さな姿で世に現れる者が主人公の話にもふれ、古くは「小さ子」と呼ばれていたと述べている。「小さ子」の全国の伝承分布図も載っている。

④『日本昔話ハンドブック 新版』 稲田浩二/編 三省堂 2010 (自館請求記号:LC388.1)
p73-74に記述がある。「一寸法師」のあらすじ、背景と解説の項目があり、わかりやすく述べられている。
本書によると一寸法師のタイプは「鬼退治型」と「狡猾者型」があるが両者のモチーフが混ざっているものもあるという。分布は青森から鹿児島県奄美地方まである。江戸時代に渋川版御伽草子の一篇として流布した「一寸法師」が類話の筆頭だという。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 9版)
伝説.民話[昔話]  (388 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中世王朝物語・御伽草子事典』 神田龍身/編 勉誠出版 2002 (自館請求記号:R913)
『お伽草子事典』 徳田和夫/編 東京堂出版 2002 (自館請求記号:R913)
『日本昔話事典 縮刷版』 稲田浩二/(他)編 弘文堂 1994 (自館請求記号:R388)
『日本昔話ハンドブック 新版』 稲田浩二/編 三省堂 2010 (自館請求記号:LC388.1)
キーワード
(Keywords)
一寸法師
お伽草子
小さ子
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000111705解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決