このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111684
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-123
事例作成日
(Creation date)
2012年07月04日登録日時
(Registration date)
2012年09月24日 10時52分更新日時
(Last update)
2016年07月13日 11時49分
質問
(Question)
藤田信吉(後に改名して重信)について書かれたものを探して欲しい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『野史 4』(飯田忠彦著 日本随筆大成刊行会 1930)p2259-2265に「武臣列伝第95 藤田重信」の項あり。本文は漢文。
『新編藩翰譜 5』(新井白石著 人物往来社 1977)p421-427「藤田」に、能登守信吉について記述あり。
『論集戦国大名と国衆 2 北条氏邦と武蔵藤田氏』(黒田基樹編 浅倉直美編 岩田書院 2010)
 p123-126「用土新左衛門尉と藤田信吉」(黒田基樹著)収録。
 p123に「藤田信吉の事蹟については『管窺武鑑』巻ニ(「藤田能登守の事」)が詳しく」とある。「管窺武鑑」の誤りにも言及。 
『戦国大名と外様国衆』(黒田基樹著 文献出版 1997)
 p512-515「補論 用土新左衛門尉と藤田信吉」収録(上記『論集戦国大名と国衆 2』とほぼ同内容)
『恩栄録・廃絶録』(小田彰信編 藤野保校訂 補訂版 近藤出版社 1976)
 p231(「廃絶録 上巻」中)に「一万五千石 下野西方 藤田能登守重信」の項あり。廃絶の事情の記述あり。
『系図纂要 8上 平氏』(岩澤愿彦監修 新版 名著出版 1995)p147〈重信〉の項あり。
『断家譜 2』(田畑吉正著 斎木一馬、岩沢愿彦校訂 続群書類従完成会 1981)p233-234〈藤田〉の項あり。家系に女子あり、「杉原小左衛門長秀妻」と記載。
『大日本人名辞書 3』(大日本人名辞書刊行会 講談社 1978)p2246-2247に〈藤田重信〉の項あり。
『日本人名大事典 5』(平凡社 1986) p343〈藤田重信〉の項あり。
『講談社日本人名大辞典』(上田正昭[ほか]監修 講談社 2001)p1616〈藤田信吉〉の項あり。
『三百藩藩主人名事典 1』(藩主人名事典編纂委員会編 新人物往来社 1986)p293〈西方(にしかた)藩〉の項に〈藤田信吉 ふじたのぶよし〉の項あり。
『戦国人名辞典』(高柳光寿著 松平年一著 吉川弘文館 1984)p208-209〈藤田信吉〉の項あり。末尾に「(藩翰譜、他)」とあり。
『戦国人名事典』(阿部猛編 西村圭子編 新人物往来社 1987)p671〈藤田信吉〉の項あり。
『群馬県人名大事典』(上毛新聞社 1982)p683-684〈藤田信吉〉の項あり。
埼玉県関係資料
『鉢形落城哀史』(四方田美男著 埼玉民論社 1957)
 p1-「鉢形城大年表」に、〈藤田信吉〉の名前が散見される。
 p35「氏邦の鉢形在城説」の節に、史料名として「三河後風土記(物語日本史大系)」「管窺武鑑」
 p128-「氏邦、妻の実弟重連を毒殺す」の節に、藤田信吉の名あり。史料に、「管窺武鑑」「小幡伝説(上野志料集成)」
 p132-「鉢形城兵の鬼門藤田の陣地」の節あり。
 p134-「松村豊前戦死、藤田側大勝」の節あり。
 p147-「藤田信吉、正龍寺に良栄和尚を訪う」の節あり。
 p179-「藤田信吉、大福御前を引取る」の節あり。
『改正三河後風土記 中 』(宇田川武久校注 秋田書店 1976)p399-401「武州鉢形城軍始末の事」に名前が散見される。(表記は様々 藤田能登守信吉・藤田能登守・猪股能登・信吉)
『上野志料集成 2』(樋口千代松、今村勝一共編 臨川書店 1973) p245-246「上毛伝説雑記 国峯城異説の事」
『埼玉苗字辞典 4』(茂木和平著 茂木和平 2008)p6843-6845〈藤田信吉〉の項あり。

雑誌『埼玉史談』の記事
新井佐次郎著「藤田氏と鉢形北条 下」(『埼玉史談 16巻2号』p5-11 埼玉県郷土文化会 1969)
真島玄正著「戦国武将藤田氏の研究 1」(『埼玉史談 26巻2号』p9-21 埼玉県郷土文化会 1979)
大野鴻風著「藤田氏とその風土を追って」(『埼玉史談 28巻3号』p37-42 埼玉県郷土文化会 1981)
栗原仲道著「武蔵藤田氏の研究(1)」(『埼玉史談 25巻4号』p6-14 埼玉県郷土文化会 1979)
栗原仲道著「武蔵藤田氏の研究(4)」(『埼玉史談 29巻2号』p1-7 埼玉県郷土文化会 1982)
 p6に〈藤田信吉〉の項あり、参考文献に「管窺武鑑」「近世軍記」「信濃史料」ほか、とあり。)
栗原仲道著「武蔵藤田氏の研究(5)」(『埼玉史談 29巻4号』p7-12 埼玉県郷土文化会 1983)
 「まえがき」に「私が今日までに調べたかぎりでは、藤田氏の関係文書は用土氏を含めても31点ほどである。」とあり、一覧あり。
真島玄正著「資料紹介 藤田能登守信吉」(『埼玉史談 27巻1号』p48-49 埼玉県郷土文化会 1980)

『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)p690〈藤田重信〉の項あり。
『寄居町史 通史編』(寄居町教育委員会町史編さん室編 寄居町教育委員会 1986)
 p344「『管窺武鑑』によると、氏邦の義弟藤田信吉は、この戦いのとき上杉景勝の家臣として鉢形城攻撃に加わっていた。」とあり。p354にも北条氏那の義弟〈藤田信吉〉に関する記述あり。
『埼玉県誌 上』(千秋社 1997)大正元年埼玉県発行の資料の複製。p425-426「藤田氏と北条氏」の章に記述あり。
『井伏鱒二全集 別巻1』(井伏鱒二著 東郷克美編 筑摩書房 1999)p412-435「武州鉢形城」があり、この中に〈藤田信吉〉の名前あり。
永井晋著「特集・吾妻鏡講読会 藤田行連の最期」(『埼玉地方史 40号』p28-29 埼玉県地方史研究会 1998)
湯山学著「論文武蔵猪俣党の新史料-藤田・河勾・荏原三氏に関して」(『埼玉地方史 25号』p1-11 埼玉県地方史研究会 1989)
回答プロセス
(Answering process)
『論集戦国大名と国衆 2 北条氏那と武蔵藤田氏』(黒田基樹、朝倉直美編 岩田書院 2010)収載「用土新左衛門尉と藤田信吉」(黒田基樹著)を確認する。
《WHOPLUS》の《人物レファレンス事典》にあった人名事典を調査する。
  『三百藩藩主人名事典』『戦国人名事典』『戦国人名辞典』(増補版)
上記人名事典の参考文献を調査する。
  『恩栄録・廃絶録』『野史 4』『大日本人名辞書 3』
『人物レファレンス事典』(〈藤田信吉〉なし〈藤田重信〉あり)にあった人名事典を調査する。
  『日本人名大事典 5』
上記『日本人名大事典 5』の参考文献を調査する。
  『新編藩翰譜』 
栃木県の歴史や人物に関する次の資料を調査するが、詳細な記述は見つからず。
  『栃木県大百科事典』『栃木県歴史人物事典』『栃木県史 通史編 4』
埼玉県人物に関する事典を調査する。
  『埼玉人物事典』『埼玉苗字辞典 4』
寄居町や鉢形城に関する資料を調査する。
  『寄居町史』『鉢形落城哀史』『三河後風土記』『井伏鱒二全集 別巻2』
埼玉関係雑誌論文を調査する。
真島玄正「資料紹介 藤田能登守信吉」で紹介されていた資料
《埼玉雑索》を〈藤田〉で検索した結果
事前調査事項
(Preliminary research)
「管窺武鑑」(『上杉三代軍記集成 地』に収載)
NDC
個人伝記  (289 9版)
関東地方  (213 9版)
貴重書.郷土資料.その他の特別コレクション  (090 9版)
参考資料
(Reference materials)
『野史 4』(飯田忠彦著 日本随筆大成刊行会 1930)
『新編藩翰譜 5』(新井白石著 人物往来社 1977)
『論集戦国大名と国衆 2 北条氏邦と武蔵藤田氏』(黒田基樹編 浅倉直美編 岩田書院 2010)
『戦国大名と外様国衆』(黒田基樹著 文献出版 1997)
『恩栄録・廃絶録』(小田彰信編 藤野保校訂 補訂版 近藤出版社 1976)
『系図纂要 8上 平氏』(岩澤愿彦監修 新版 名著出版 1995)
『断家譜 2』(田畑吉正著 斎木一馬、岩沢愿彦校訂 続群書類従完成会 1981)
『大日本人名辞書 3』(大日本人名辞書刊行会 講談社 1978)
『日本人名大事典 5』(平凡社 1986)
『講談社日本人名大辞典』(上田正昭[ほか]監修 講談社 2001)
『三百藩藩主人名事典 1』(藩主人名事典編纂委員会編 新人物往来社 1986)
『戦国人名辞典』(高柳光寿著 松平年一著 吉川弘文館 1984)
『戦国人名事典』(阿部猛編 西村圭子編 新人物往来社 1987)
『群馬県人名大事典』(上毛新聞社 1982)
『鉢形落城哀史』(四方田美男著 埼玉民論社 1957)
『改正三河後風土記 中 』(宇田川武久校注 秋田書店 1976)
『上野志料集成 2』(樋口千代松、今村勝一共編 臨川書店 1973)
『埼玉苗字辞典 4』(茂木和平著 茂木和平 2008)
新井佐次郎著「藤田氏と鉢形北条 下」(『埼玉史談 16巻2号』p5-11 埼玉県郷土文化会 1969)
真島玄正著「戦国武将藤田氏の研究 1」(『埼玉史談 26巻2号』p9-21 埼玉県郷土文化会 1979)
大野鴻風著「藤田氏とその風土を追って」(『埼玉史談 28巻3号』p37-42 埼玉県郷土文化会 1981)
栗原仲道著「武蔵藤田氏の研究(1)(4)(5)」(『埼玉史談 25巻4号、29巻2号、29巻4号』埼玉県郷土文化会 1979-1983)
『埼玉人物事典』(埼玉県教育委員会編 埼玉県 1998)
『寄居町史 通史編』(寄居町教育委員会町史編さん室編 寄居町教育委員会 1986)
『埼玉県誌 上』(千秋社 1997) (大正元年埼玉県発行の資料の複製)
『井伏鱒二全集 別巻1』(井伏鱒二著 東郷克美編 筑摩書房 1999)
永井晋著「特集・吾妻鏡講読会 藤田行連の最期」(『埼玉地方史 40号』p28-29 埼玉県地方史研究会 1998)
湯山学著「論文武蔵猪俣党の新史料-藤田・河勾・荏原三氏に関して」(『埼玉地方史 25号』p1-11 埼玉県地方史研究会 1989)
キーワード
(Keywords)
藤田 信吉(フジタ ノブヨシ)
藤田 重信(フジタ シゲノブ)
鉢形城
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土 人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000111684解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!