このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111677
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-148
事例作成日
(Creation date)
2012年06月27日登録日時
(Registration date)
2012年09月22日 10時28分更新日時
(Last update)
2012年11月28日 13時56分
質問
(Question)
山椒の実の煮方を知りたい。
回答
(Answer)
保存食や常備菜、京料理などに関する資料を調査した結果から、記述のあった以下の資料を紹介した。
『つけもの常備菜』(福知千代著 文化出版局 1972)
 p12、p16「ふきと実ざんしょうの辛煮」
 p44、p51「実ざんしょうの辛煮」
『四季の保存食 自然のめぐみを食卓へ』(伊藤睦美著 扶桑社 2000)
 p110「山椒の辛煮」
『京野菜と料理』(京都料理芽生会編 淡交社 1991)
 p48、p200「若鮎実山椒炊き」(煮物というよりは、煮物の最後の味付けに山椒を使用)
『新保存食レシピ180』(谷島せい子著 主婦と生活社 2002) 
 p108「うなぎの山椒煮」
回答プロセス
(Answering process)
その他調査済み資料は以下のとおり
『作りおきおかず 簡単で手間いらずの常備菜と保存食集』(ブティック社 1999)
『やさしくつくれて安心して食べられる手づくり保存食』(辰巳芳子著 女子栄養大学出版部 1986)
『秘密の手作り保存食』(新生活研究会編 創元社 1997)
『常備菜 小さなおかず』(都築佐美子著 家の光協会 1994)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
食品.料理  (596 9版)
参考資料
(Reference materials)
『つけもの常備菜』(福知千代著 文化出版局 1972)
『四季の保存食 自然のめぐみを食卓へ』(伊藤睦美著 扶桑社 2000)
『新保存食レシピ180』(谷島せい子著 主婦と生活社 2002)
『京野菜と料理』(京都料理芽生会編 淡交社 1991)
キーワード
(Keywords)
山椒
料理
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000111677解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決