このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111361
提供館
(Library)
岩手県立図書館 (2110044)管理番号
(Control number)
岩手-0103
事例作成日
(Creation date)
2012年6月13日登録日時
(Registration date)
2012年09月19日 10時54分更新日時
(Last update)
2012年09月26日 14時58分
質問
(Question)
江戸~明治時代にかけて、岩手県内の私塾について記載のある資料を知りたい。
回答
(Answer)
 私塾の定義について、『岩手百科辞典』(参考資料9)340ページには“江戸時代から明治初期にかけて、
教師の私宅を教場として開かれた教育機関。漢学塾・国学塾・洋学塾・医学塾・和算塾などその種類が多く、
概して寺子屋よりは一段高い教育を施した。”と、ある。
 調査済資料『岩手県の教育史』152ページには、明治16年の文部省調査「私塾・寺子屋取調表」におい
て、“私塾と寺子屋を厳密に判別しがたい”と、している。
 漢学塾と算学塾の一覧は、調査済資料『岩手県の教育史』335~342ページの通り。

 以上をふまえ、私塾について関連する記載がある資料は以下の通り。

参考資料1 『岩手県域寺子屋物語』 
 p. 44~50 私塾教育
 内容:明治16年の文部省調査「私塾・寺子屋取調表」を根本資料とした12の私塾のほか、明治初期の
 4つの私塾について、名称・学科・所在地・開業廃業・男女生徒数・(塾主)身分・塾主氏名の記載。
 p.50~56 (附)和算教育
 内容:本文中、調査済資料『岩手県の教育史』340ページの算学塾(盛岡市)について記載。

参考資料2 『岩手県教育史資料』第1集 藩学・寺子屋篇
 備考:上記『岩手県域寺子屋物語』に記載の私塾のうち、12の私塾について、より詳細に記載。
 31ページの凡例によると、“明治十六年に文部省報告局が、各県に提出を命じた各管下の寺子屋取調表”
 を元に整理したものであり、“明治五年学制が頒布せられる直前”の状況。そのほかの漢学塾についても記載。
 <12の私塾>
 p.33 名称:なし/所在地:南岩手郡盛岡鷹匠小路/塾主:重茂 綱条
 p.40 名称:なし/所在地:南岩手郡浅岸村/塾主:北田 貞治
 p.77~78 名称:なし/所在地:西磐井郡油田村/塾主:医王山 祥雲
 p.82 名称:なし/所在地:東磐井郡黄海村/塾主:小寺 徳弥太ほか
 p.83 名称:硺成書院/所在地:東磐井郡大原村/塾主:志村 退蔵
 p.83~84 名称:丘麓書院/所在地:東磐井郡大原村/塾主:金 齊輔
 p.84 名称:荒木黌/所在地:東磐井郡猿沢駅/塾主:荒木 脩慶
 p.85 名称:愛日舎/所在地:東磐井郡摺沢駅/塾主:小原 諒三郎
 名称:省耕堂/所在地:東磐井郡薄衣村/塾主:斎藤 時保
 p.85~86 名称:育贇舎/所在地:東磐井郡薄衣村/塾主:山村 信美
 p.86 名称:育成学舎/所在地:東磐井郡門崎村/塾主:門崎盛斎
 p.97 名称:なし/所在地:気仙郡広田村/塾主:宮埜考斎
 <そのほかの漢学塾>
 p.81 名称:なし/所在地:東磐井郡築館/塾主:小山兵蔵

参考資料3 『岩手県教育史資料』第2集 学制篇1
 p.73~75 共慣義塾

参考資料4 『岩手近代教育史』第1巻 明治編
 p.157~223 第三節 寺子屋の教育
 p.224~279 第四節 和算教育
 p.316~328 二、英学塾「共慣義塾」
 p.337~339 五、寺子屋・私塾の動向
 p.588~590 学制による私塾と家塾

参考資料5 『岩手近代教育史』第4巻 教育統計・年表編
 p.739~745 岩手県管下の寺子屋一覧表
 内容:明治16年~19年調査「岩手県寺子屋取調表(明治16年)」による。総合計217。

そのほか、参考資料は以下の通り。

参考資料6 『図説盛岡四百年』上巻 江戸時代編
 p.354~359 盛岡の藩学と庶民の教育

参考資料7 『用語 南部盛岡藩辞典』 
 p.165 寺子屋

参考資料8 『岩手の和算と算額』
 p.28~48 (1)一関藩の和算
 p.49~60 (2)盛岡藩の和算

参考資料9 『岩手百科事典』 
 p.340 私塾

参考資料10 『岩手県教育史資料』第19集 補遺
(p.1~270  第一部 寺子屋・私塾篇)
 p.1~249 千早家資料
 内容:『岩手県教育史資料』第1集 藩学・寺子屋篇 の補遺。本県の寺子屋の中で千早塾の
 調査を収録。凡例には“本県を代表する寺子屋、私塾資料”と、記載。
 p.250~270 共慣義塾資料
 内容:『岩手県教育史資料』第2集 学制篇1 の補遺。凡例には“明治初期に於ける私塾の実態を
 解明するための手がかりを与える”と、記載。

参考資料11 『岩手県史』第5巻 近世篇2
 p.1489~1494 二、藩政後期の庶民教育者

参考資料12 『南部藩教育小史』
 p.42~46 一、学制

参考資料13 『岩手県教育史概要』稿本
 p.1~4 藩政時代の寺子屋教育

参考資料14 『岩手学事彙報』第396号(第391-398号合冊)
 p.29 藩学校及寺子屋

参考資料15 『岩手学事彙報』第232号(第212-247号合冊)
 p.23 私塾の取締

参考資料16 『創業期ニ於ケル岩手県教育者一覧』藩政末期ヨリ明治18年頃ニ至ル 
 内容:『岩手県史』第5巻 近世篇2 、「二、藩政後期の庶民教育者」の典拠資料。
回答プロセス
(Answering process)
・私塾の定義を、調査済資料と「岩手百科事典」(参考資料9)で確認。
・キーワード「私塾」、「寺子屋」で蔵書検索。
・岩手に関する郷土資料のうち、教育史、県史、和算についてブラウジング。
事前調査事項
(Preliminary research)
以下の資料は調査済。
「岩手県の教育史」(長岡 高人/編著 思文閣出版 1986年)
NDC
教育史.事情  (372 9版)
和算.中国算法  (419 9版)
参考資料
(Reference materials)
1 『岩手県域寺子屋物語』 長岡 高人/著 熊谷印刷出版 1984年
2 『岩手県教育史資料』第1集 藩学・寺子屋篇 岩手県教育調査研究所/編 岩手県学校用品 1956年 
3 『岩手県教育史資料』第2集 学制篇1 岩手県教育調査研究所/編 岩手県学校用品 1957年
4 『岩手近代教育史』第1巻 明治編 岩手県教育委員会/編・発行 1981年
5 『岩手近代教育史』第4巻 教育統計・年表編 岩手県教育委員会/編・発行 1981年
6 『図説盛岡四百年』上巻 江戸時代編 吉田 義昭/ほか編著 郷土文化研究会 1991年
7 『用語 南部盛岡藩辞典』 一ノ倉 則文/編 東洋書院 1984年
8 『岩手の和算と算額』 安富 有恒/著 杜陵高速印刷 1982年
9 『岩手百科事典』 岩手放送岩手百科事典発行本部/編 岩手放送 1978年
10 『岩手県教育史資料』第19集 補遺 岩手県立教育研究所/編・発行 1965年
11 『岩手県史』第5巻 近世篇2 岩手県/編 杜陵印刷 1963年
12 『南部藩教育小史』 上飯坂 直美/編 盛岡市役所 1937年
13 『岩手県教育史概要』稿本 岩手県教育会/編・発行 1935年
14 『岩手学事彙報』第396号(第391-398号合冊) 九皐堂1896年
15 『岩手学事彙報』第232号(第212-247号合冊) 九皐堂1891年
16 『創業期ニ於ケル岩手県教育者一覧』藩政末期ヨリ明治18年頃ニ至ル 森 嘉兵衛/著 岩手県 出版年不明
キーワード
(Keywords)
私塾
寺子屋
漢学塾
国学塾
洋学塾
医学塾
和算塾
算額
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000111361解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!