このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000111150
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-059
事例作成日
(Creation date)
2012年06月07日登録日時
(Registration date)
2012年09月11日 11時04分更新日時
(Last update)
2012年12月11日 10時20分
質問
(Question)
イギリス農業振興に関わったレナード・エルムハーストについての著作・関連資料を探している。
 詩人タゴールに影響を受け、イギリス・ダーテイントンに理想の農村を作る運動をした人物らしい。
回答
(Answer)
以下の資料を提供した。
『ダーティントン国際工芸家会議報告書 陶芸と染織:1952』(ダーティントン・ホール・トラスト編 ピーター・コックス編 思文閣出版 2003)
『芸術と福祉』(藤田治彦編 大阪大学出版会 2009)
『バーナード・リーチ再考』(エドモンド・ドゥ・ヴァール著 金子賢治監訳・解説 思文閣出版 2007)
『バーナード・リーチの生涯と芸術』(鈴木禎宏著 ミネルヴァ書房 2006)
回答プロセス
(Answering process)
自館目録を〈ダーティントン〉で全項目検索し、ヒットした2点を調査した。
『ダーティントン国際工芸家会議報告書 陶芸と染織:1952』
 p5-11「ダーティントン」(L・K・エルムハースト著)
 レナード・エルムハーストにより書かれた小論で、p11の訳註(1)「Leonard Elmhirst (1893-1974)」に、略歴が掲載されている。
『芸術と福祉』
 p143-172「バーナード・リーチとダーティントン・ホール」ダーティントン・ホールとエルムハーストについて詳しい記述あり(p146)。

上記資料2点に、バーナード・リーチに関係する記述があることから、以下の資料を調査した。
『バーナード・リーチ再考』
 p46-52 文中に、レナード・エルムハーストについての記述が散見され、p47には夫婦の肖像写真が掲載されている。
『バーナード・リーチの生涯と芸術』
 p145-163「第七章 リーチ・ポタリーの展開-一九三七~一九五六年」〈ダーティントン・ホール〉の項にエルムハースト夫妻についての記述あり。

詩人タゴールとの関係から以下を調査した。
『タゴール(人類の知的遺産 61)』(我妻和男著 講談社 1981)
  p203-204に〈エルムハースト〉の経歴について記述あり。1924年にタゴールとともに訪日していることがわかる。
  他にp205、208、211、217にも記述あり。
『タゴール 詩・思想・生涯』(我妻和男著 麗澤大学出版会 2006)
  p195-196に〈レオナード・K.エルムハースト〉について8行ほど記述あり。
『タゴール(Century books)』(丹羽京子著 清水書院 2011)
  p91-92に〈L.K.エルムハースト〉について6行ほどの記述あり。

伝記事典(洋書)
『Oxford dictionary of national biography In association with the British Academy volume18』(Oxford University Press 2004)
  p297-298に〈Elmhirst,Leonard Knight(1893-1974)〉の項あり(英文で約1ページ分の記述)。

オンラインデータベースその他
 《WHOPLUS》《MAGAZINEPLUS》《BOOKPLUS》を〈エルムハースト〉〈Elmhirst〉で検索するが該当なし。
 《GeNii》を〈エルムハースト〉〈Elmhirst〉で検索するが該当なし。
 「Rabindranath Tagore, pioneer in education; essays and exchanges between Rabindranath Tagore and L. K. Elmhirst.」 (Murray, [1961] ) 国会図書館所蔵資料(内容未確認)
 『農業経済研究 63巻3号』(日本農業経済学会 1991.12)
  p139~145「農業構造,環境問題および農村の貧困(エルムハースト記念講演)」 V.S. Vyas.著者 速水 佑次郎 他訳

その他調査済み資料は以下のとおり
来日したという事実、詩人のタゴールとの関係から以下資料を調査したが、掲載なし。
『岩波=ケンブリッジ世界人名辞典』(デイヴィド・クリスタル編集 岩波書店 1997)
『来日西洋人名事典』(武内博編著 増補改訂普及版 日外アソシエーツ 1995)
『大正ニュース事典 8 総索引』(毎日コミュニケーションズ 1989)
  〈エルムハースト〉の項なし。〈タゴール来日〉の項にあるもので、大正13年(1924年)の記事を確認した。
『大正ニュース事典 6』(毎日コミュニケーションズ 1988)
  p515「インドの詩聖、八年ぶりに来日」(大正13年6月8日 東京日日)の記事にエルムハーストについての記述はなし。
『ガンジー・タゴール・ネール』(K.R.クリパラニー著 アポロン社 1957)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
農業史.事情  (612 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ダーティントン国際工芸家会議報告書 陶芸と染織:1952』(ダーティントン・ホール・トラスト編 ピーター・コックス編 思文閣出版 2003)
『芸術と福祉』(藤田治彦編 大阪大学出版会 2009)
『バーナード・リーチ再考』(エドモンド・ドゥ・ヴァール著 金子賢治監訳・解説 思文閣出版 2007)
『バーナード・リーチの生涯と芸術』(鈴木禎宏著 ミネルヴァ書房 2006)
キーワード
(Keywords)
農業史
エルムハースト レナード(Elmhirst,Leonard)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000111150解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決