このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110694
提供館
(Library)
昭和女子大学図書館 (3310028)管理番号
(Control number)
H23-17
事例作成日
(Creation date)
2011年07月01日登録日時
(Registration date)
2012年08月28日 14時48分更新日時
(Last update)
2013年09月30日 16時38分
質問
(Question)
明治時代の手帛(ハンケチ)の種類を調べたい。
回答
(Answer)
「明治時代」に特化した情報の確認には至りませんでした。

手帛(ハンケチ)=ハンカチ 全般については下記の資料で素材やサイズ、歴史が確認できます。
①Japan Knowledgeより
日本大百科全書 見出し「ハンカチーフ」の項
日本国語大辞典 見出し「ハンカチ」の項
デジタル大辞泉 見出し「ハンカチーフ」の項
②『森鴎外編』(目で見る明治・大正文学からみた被服・生活用語集 2)
③『洋裁洋装事典』
④『服装大百科事典』
⑤『日用品の文化誌』
⑥『西洋服飾発達史 近世編』
回答プロセス
(Answering process)
Japan Knowledge 
「ハンケチ」で検索 → 「ハンカチ」「ハンカチーフ」へ誘導
 日本国語大辞典 見出し「ハンカチ」の項 :素材(木綿、麻、絹、レース、刺繍)の記述あり。
 日本大百科全書 見出し「ハンカチーフ」の項 :用途(携帯する、首に巻く、胸ポケット)の記述あり。
 デジタル大辞泉 見出し「ハンカチーフ」の項 :用途、素材、サイズ、歴史の記述あり。
「手帛」で検索→見出し検索該当なし。全文検索で漱石の小説からの引用1点あり。
 日本国語大辞典、日本大百科全書で使用されている「手巾」が一般的な表記と思われる。

本学OPAC
「ハンケチ」OR「ハンカチ」OR「手巾」で検索 :有用な文献なし。

書架ブラウジング(開架) :有用な文献なし
×『明治ものの流行事典』
×『図説幕末明治流行事典』
×『日本風俗史事典』
×『明治時代館』
×『ファッション』
×『服飾・美容・儀礼』
×『値段の明治・大正・昭和風俗史』
×『新・値段の明治大正昭和風俗史 』
×『近代日本の身装文化』
×『服飾文化論』
×『近代日本服装史』
×『夏目漱石事典』
×『夏目漱石事典』
×『知っ得明治・大正・昭和風俗文化誌』
×『明治事物起原』
×『東京風俗志』
×『明治東京風俗語事典』

書架ブラウジング(書庫)
×『服飾近代史』 :有用な情報なし
×『図説日本洋装百年史』 :有用な情報なし
×『夏目漱石編』(目で見る明治・大正文学からみた被服・生活用語集 1) :有用な情報なし
△『森鴎外編』(目で見る明治・大正文学からみた被服・生活用語集 2) :歴史・素材(内容は明治期に特化していないと思われる)の記述あり。
△『服装大百科事典』 :用途、素材、サイズの記述あり。
△『洋裁洋装事典』 :素材、サイズの記述あり。

レファレンス共同DBを「ハンカチ」で検索 :関連ありそうなQA1件あり。
→「ハンカチの歴史および使われてきた布地について載っている本を所蔵しているか。」( http://crd.ndl.go.jp/GENERAL/servlet/detail.reference?id=1000025816
回答内で挙げられていた資料を確認
△『西洋服飾発達史 近世編』→本学所蔵あり。 :ヨーロッパのみ。18世紀頃まで。
×『モードの歴史』→本学所蔵あり。 :有益な情報なし。(「図中の人物がハンカチを手に持っている」程度の記述。)
△『西洋服飾史』→本学所蔵なし。回答によると「ハンカチが装身具として使われたという記述があります。」とのこと。
△『日用品の文化誌』→本学所蔵あり。 :20世紀前半までのハンカチの歴史。近世はアメリカ中心。日本に関しては森鴎外の作品から引用あり。

(調査日は全て2011年7月1日)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383)
衣服.裁縫  (593)
参考資料
(Reference materials)
森鴎外編(目で見る明治・大正文学からみた被服・生活用語集 2) 後藤淑〔ほか〕著 文学からみた生活用語研究会 1994.4 76p
 (当館請求記号383.11/Got/2
)
洋裁洋装事典 今田謹吾編 厚生閣 1934.4 235p (当館請求記号R593/Ima)
服装大百科事典 服装文化協会編 文化出版局 1976  (当館請求記号R593/Hih/2)
日用品の文化誌 柏木博著 岩波書店 1999.6 226p (当館請求記号080/I-Shi/NR619)
西洋服飾発達史 近世編  丹野郁著 光生館 (当館請求記号383.13/Tan/1)
キーワード
(Keywords)
手帛
ハンケチ
ハンカチ
ハンカチーフ
手巾
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
衣服 風俗
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000110694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!