このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110541
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12030816211954
事例作成日
(Creation date)
2011/05/13登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時12分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
童謡「里の秋」は、昭和20年12月に発表されているが、歌詞は昭和16年12月に作られたと云われている。戦時中にも歌として歌われていたのか。
回答
(Answer)
『日本童謡事典』によると、「敗戦直後、1945<昭和20>年12月24日からJOAK(現=NHK)ラジオの「外地引き揚げ同胞激励の午後」のテーマ曲として作られたもので、(中略)作曲者の海沼実によれば、JOAKから復員兵を迎える歌を創作して欲しいと依頼を受け、戦争中に海沼の元に送られて来ていた斎藤信夫の作詩「星月夜」を思い出し、斎藤に戦時色の見える三連以降を改作すること、題を「里の秋」とすることを提案して、実現した曲といわれる。」とある。
『最後の童謡作曲家海沼實の生涯』では、「折りしも昭和20年12月にJOAKから『復員兵を迎える歌を創作して欲しい』と依頼された實は、かつて戦時下において創作され、詩としては同人誌で発表されたものの、未だに曲の付けられていなかった1つの詩を思い出す。」とあり、以下、斎藤信夫の「星月夜」を改作し曲をつけ、『里の秋』として発表する経緯が続く。
この他にも次の資料に同様の記載がある。
『みかんの花咲く丘 川田正子-歌ととその時代』
『童謡へのお誘い』
『童謡と唱歌 歌唱の歴史2』
『童謡 心に残る歌とその時代』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
音楽史.各国の音楽  (762 9版)
参考資料
(Reference materials)
上笙一郎『日本童謡事典』 東京堂出版,2005,463p. 参照はp.181-182.
海沼実『最後の童謡作曲家海沼實の生涯』 ノースランド出版,2009,209p. 参照はp.103-105.
恋塚稔『みかんの花咲く丘 川田正子-歌とその時代』 東京書籍,1984,205p. 参照はp.118-128.
横山太郎『童謡へのお誘い 童謡大学』 自由現代社,2001,455p. 参照はp.382-388.
池田小百合『童謡と唱歌 歌唱の歴史2』 夢工房,2002,260p. 参照はp.20-21.
海沼実『童謡 心に残る歌とその時代』 日本放送出版協会,2003,254p. 参照はp.191-193.
キーワード
(Keywords)
童謡
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012030816202311954
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110541解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!