このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110493
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M12012518111840
事例作成日
(Creation date)
2011/11/1登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
海軍兵学校の卒業者名簿が見たいが、本があるか。
回答
(Answer)
『海軍兵学校沿革』巻末に「付録 海軍兵学校生徒卒業者名簿(48期~74期)」があり氏名と、昭和17年70期までは出身県が載っている。71期からは氏名のみが載っている。47期(大正8年)以前の卒業者名は『海軍兵学校沿革』のそれぞれの年月日の箇所にある。卒業年月日は『海軍兵学校沿革』巻末(※1)・『日本陸海軍事典 下』(※2)『日本海軍史 第5巻』(※3)の期ごとの卒業者数一覧にあり参照できる。ただし、明治6年、9年、10年の卒業者名は見つけられない。(※1・※2・※3は卒業年月日や卒業人数がそれぞれ異なっている期がある)
『海軍兵学校沿革 続』巻末に海軍兵学校生徒卒業者(48期~75期),海軍兵学校在校生徒(76期~78期),海軍兵学校専修学生卒業者(1期~23期)の氏名が載っている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海軍  (397 9版)
参考資料
(Reference materials)
海軍兵学校編『海軍兵学校沿革(明治百年史叢書74)』原書房,1968.8,572,4,69p,参照頁は付録p.1-65,p.69.
有終会編『海軍兵学校沿革 続(明治百年史叢書279)』原書房,2004.9,6,488p,参照頁はp.361-488.
秦 郁彦編『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会,2005.8,17,778p,参照頁はp.663-665.
原 剛・安岡 昭男編『日本陸海軍事典 下』新人物往来社,2003.9,287p,参照頁はp.262.
海軍歴史保存会編集『日本海軍史 第5巻』第一法規出版,1995.11,740p,参照頁はp.125-126.
キーワード
(Keywords)
海軍兵学校
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2012012518194411840
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110493解決/未解決
(Resolved / Unresolved)