このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110462
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M11121015011742
事例作成日
(Creation date)
2011/11/23登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時11分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
テレビのアナウンサーや電車の運転士など早起きが特に要求されている職業の人が早起きするコツが紹介されている本はないか。
回答
(Answer)
資料①と資料②には、運転士の起き方についてのエピソードが紹介されている。資料①には、乗務員の宿泊所では目覚まし時計は使われておらず、「『起こし役』の人員を決めておいたり、宿直の駅員が始発の乗務員を起こす役目を担っていることもある」他、タイマーで作動する自動起床装置が使われているとのエピソードの記述がある。資料②には、「宿泊所には通常『起こし番』と呼ばれる係の人がいて、それぞれの起床時間に起こしてくれるのだが、ここ(草津)では目覚まし時計を使っており、先に起きた人が次の人のために目覚まし時計をかけ直していくのが決まりだった」との記述がある。
資料③には、キャスターの安藤優子さんの早起きのエピソードが紹介されている。夜家に帰ってからは何もしないでくつろぐ時間にすることで、用事や準備を済ませるには朝しか時間がなくなり必然的に朝が早くなった、朝早く起きることでそれだけ自分の時間が増え、そのことが精神的なゆとりと意欲に変わっていった、といったことが述べられてる。
「早起き」をキーワードに蔵書検索をすれば関連資料を調べることができると紹介した。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
鉄道運輸  (686 9版)
参考資料
(Reference materials)
資料① 櫻田純「世界で一番おもしろい鉄道の雑学」青春出版社,2008,232p.参照はp.120-22.
資料② 奥西次男「運転士裏運転手帳」山海堂,1999,221p.参照はp.111-113.
資料③ PHPカラット編「朝に強い女性になるカンタン習慣」PHP研究所,2007,159p.参照はp.17-25.
キーワード
(Keywords)
早起き
運転士
アナウンサー
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2011121015043911742
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110462解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!