このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110439
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10052317456309
事例作成日
(Creation date)
2011/05/23登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時10分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
地球を巡る水の循環について子ども向けに紹介した資料があるか。
回答
(Answer)
①『水 めぐる水のひみつ 科学のアルバム』は、空、陸、川、地下、海などを旅する水について、写真とイラストを通して紹介したてある。
②『水のぼうけん 地球たんけんたい』は、水は、どこから生まれてどこへいくのかという疑問を出発点に、雨、小川、大川、海、雲、雨と、水の循環を順を追って説明し、水の汚染についても触れられている。
③『水の大研究』は、地域での降水量の差や今日の水に関する問題などに触れながら、特に第1章第4話で、地球規模での水の循環を簡潔な文章と絵で解説している。
④『水のミーシャ』は水の尊さをテーマにした絵本で、水の循環にもふれられており、英語訳および解説が付されている。
⑤『水はめぐる もしも地球がひとつの井戸だったら』は地球をひとつの井戸と見立て、循環する水と今日の水を含めた環境問題等を考える資料である。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
地球科学.地学  (450 9版)
参考資料
(Reference materials)
①塚本治弘『水 めぐる水のひみつ 科学のアルバム』あかね書房,2005,60p. 
②アーサー・ドロス『水のぼうけん 地球たんけんたい』リブリオ出版,2002,32p.
③橋本淳司『水の大研究』 PHP研究所,2005,79p. 参照はp.14-15.
④堤江実,出射茂『水のミーシャ』 清流出版,2006,35p.
⑤ロシェル・ストラウス『水はめぐる もしも地球がひとつの井戸だったら』 汐文社,2008,32p.
キーワード
(Keywords)
水の循環
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010052317431556309
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
小学生(高学年), 小学生(低学年以下)
登録番号
(Registration number)
1000110439解決/未解決
(Resolved / Unresolved)