このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110432
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M10031309155758
事例作成日
(Creation date)
2011/03/13登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時09分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
インターネットの安全な利用方法や活用方法について説明した、小中学生向けの本があるか。
回答
(Answer)
①『安全な毎日を送る方法 2 ネットトラブルから身を守る』は、迷惑メールや出会い系サイトなどで発生するネットトラブルを回避する方法について解説している。
②『親子で学ぶインターネットの安全ルール 子どもの好奇心と親の心配』は、子どもがインターネットや携帯電話を安全に使うためにの基本的ルールを紹介し、親がその内容について説明できるように解説も併記してある。
③『気をつけよう!ネット中毒 1 出会い系サイト』は、出会い系サイトとは何か、実際に利用した体験者の話や関連事件簿を掲載し、解説している。
④『気をつけよう!ネット中毒 2 ネット事件・有害サイト』は、有害サイト・危険サイトとは何か、そしてネット犯罪とトラブルについて、被害例・加害例・予防策についても解説している。
⑤『気をつけよう!ネット中毒 3 ネットコミュニケーション』は、チャット、掲示板、メールなど、インターネットでのコミュニケーションと子どもたちにとっての危険性を解説している。
⑥『シリーズ・身をまもる 5 インターネットや携帯の危険から身をまもる』は、ネット犯罪の例と対処法が紹介されている。
⑦『情報の選び方・使い方 5 ネチケットを守ろう』は、インターネットの危険性や、トラブルの回避法など、情報社会に必要な注意点を、具体的事例を使って紹介している。
他にも⑧~⑩の資料がある。
⑧『インターネットにおけるルールとマナー こどもばん公式テキスト』
⑨『小中学生のためのインターネット安全ガイド』
⑩『池上彰のなるほど!現代のメディア4 ネットとじょうずにつきあおう』
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
通信工学.電気通信  (547 9版)
参考資料
(Reference materials)
①宮田仁監修『安全な毎日を送る方法 2 ネットトラブルから身を守る』学研,2009,43p. 
②いけだとしお,おかもとなちこ,つるだなみ『親子で学ぶインターネットの安全ルール 子どもの好奇心と親の心配』ジャムハウス,2006,83p.
③渋井哲也『気をつけよう!ネット中毒 1 出会い系サイト』汐文社,2005,47p. 
④渋井哲也『気をつけよう!ネット中毒 2 ネット事件・有害サイト』汐文社,2005,47p. 
⑤渋井哲也『気をつけよう!ネット中毒 3 ネットコミュニケーション』汐文社,2006,47p. 
⑥藤田悟『シリーズ・身をまもる 5 インターネットや携帯の危険から身をまもる』ポプラ社,2002,46p. 
⑦こどもくらぶ編『情報の選び方・使い方 5 ネチケットを守ろう』ポプラ社,2002,45p.
⑧財団法人インターネット協会『インターネットにおけるルールとマナーこどもばん公式テキスト』 財団法人インターネット協会,2005,101p.
⑨野間俊彦『小中学生のためのインターネット安全ガイド』 日経BP社,2009,215p.
⑩ローリー・ハイル著、生方頼子訳『池上彰のなるほど!現代のメディア4 ネットとじょうずにつきあおう』 文渓堂,2011,55p.
キーワード
(Keywords)
インターネット
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2010031309163055758
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
中学生, 小学生(高学年)
登録番号
(Registration number)
1000110432解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!