このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110410
提供館
(Library)
岡山県立図書館 (2110029)管理番号
(Control number)
M06082611053814
事例作成日
(Creation date)
2011/06/30登録日時
(Registration date)
2012年08月24日 02時01分更新日時
(Last update)
2018年03月25日 00時30分
質問
(Question)
「さんびきのこぶた」は日本でいつから翻訳されているか、またどのようなものであったか。
回答
(Answer)
『図説児童文学翻訳大事典』第2巻「三匹のこぶた」の項には初訳として「豚の兄弟」(『家庭お伽噺』13)吉岡向陽訳 鮨崎英朋絵(明治41年1月 春陽堂)となっており、その本文と挿絵が載っている。『近代日本児童文学史研究』には1914(大正3)年4月1日に創刊された雑誌「子供之友」について記した部分に、「このほか、創刊号から毎号、「熊のお家(うち)」(三びきのクマ)「親指太郎」「黄金(きん)の鶩(あひる)」「宝のお城」(ジャックと豆の木)「三疋の小豚」といったぐあいに、ジェイコブズなどからの外国昔話や、あるいはベアトリクス・ポターの翻訳をのせるなど、他誌に見られない特色があった。」という記述がある。「子供之友」は大阪府立中央図書館国際児童文学館に所蔵があり、大正3年1巻5号p12-17に本文が掲載されていた。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
児童文学研究  (909 9版)
参考資料
(Reference materials)
『図説児童文学翻訳大事典』第2巻 児童文学翻訳大事典編集委員会編 大空社 2007.6 p366-371
『近代日本児童文学史研究』鳥越信著 おうふう 1994.11 p169-172
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
M2006082611093653814
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
全年齢
登録番号
(Registration number)
1000110410解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!