このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000110249
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2012-08-005
事例作成日
(Creation date)
2012年08月21日登録日時
(Registration date)
2012年08月22日 16時41分更新日時
(Last update)
2013年12月16日 10時55分
質問
(Question)
マーケティングリサーチ(市場調査)の手法で、グループインタビューの具体的な方法について書かれた資料がないか。
回答
(Answer)
当館所蔵資料を中心に、以下の資料を紹介。
資料1:p87~128「第4章 定性的調査」に、グループインタビューについて、その企画、実施前の準備と実施、結果のとりまとめ、留意点など具体的なインタービューの進め方についての記述がある。
資料2:第3章「グループインタビューの進め方」があり、その特徴、進め方、対象者の抽出、分析方法などの記述がある。※改題改訂の『図解マーケティングリサーチの進め方がわかる本』(2012)は当館未所蔵。
資料3:当館未所蔵資料。
資料4:当館未所蔵資料。
資料5:グループインタビューなどを中心に、定性調査の基本的な考え方を解説。
資料6:p74「グループ・インタビューはどう使えばいいのか」があり、グループインタビューの簡単な解説がある。
資料7:p54「グループ・インタビュー」に項目があるが、用語解説のみ。
回答プロセス
(Answering process)
(1) 「製品開発などの際にグループ討議から情報を得る具体的なやり方について知りたい」との質問内容だったが、資料をさがすためのキーワードがはっきりとしなかったため、インターネットで検索。→「マーケティングリサーチ」「グループインタービュー」がヒットし、質問者もこれについて知りたいとのこと。

(2) 「グループインタービュー」「マーケティングリサーチ」について自館OPACで検索。

(3) 「マーケティングリサーチ」に関する資料のなかでも比較的新しい資料に直接あたり、「グループインタービュー」について記述があるかどうか内容を調査。

(4) 〔TRC TOOLi〕 https://tooli.trc.co.jp/ (※契約必要 最終確認2013/12/16)で検索したところ、【資料3・4】がヒットしたが、当館未所蔵資料。上記資料について、〔NDLサーチ〕 http://iss.ndl.go.jp/ (最終確認2013/12/16)で検索したところ、所蔵館があることは確認。

<参考として>
【資料1】より、グループインタビューとは、「座談会形式の小集団面接調査」。
〔Wikipedia:マーケティングリサーチ〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%81 (最終確認2013/12/16)より、
マーケティングリサーチまたは市場調査とは、マーケティングの一環として、顧客のニーズ・ウォンツをリサーチすること。その手法。

以下は調査済資料。
・『マーケティング戦略 第4版 有斐閣アルマ』(有斐閣,2012.3)
・『最新マーケティング戦略の基本がよ~くわかる本』(秀和システム,2011.7)
・『マーケティング・サイエンス入門 新版 有斐閣アルマ』(有斐閣,2011.4)
・『マーケティング・リサーチ用語辞典 新版』(同友館,1998.9)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
マーケティング  (675 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 酒井隆 著. マーケティング・リサーチ・ハンドブック : リサーチ理論・実務手順から需要予測・統計解析まで. 日本能率協会マネジメントセンター, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007602464-00 , ISBN 4820742671 (p87~128「第4章 定性的調査」 当館請求記号 675.2/サ05/)
【資料2】 石井栄造 著. 図解でわかるマーケティングリサーチ : リサーチ理論と実務の進め方が図解でわかる基本書. 日本能率協会マネジメントセンター, 2001. (Series marketing)
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002956867-00 , ISBN 4820715534 (p112~129「グループインタビューの進め方」 当館請求記号 書庫675.2/イ01/)
【資料3】 梅沢伸嘉 著. 実践グループインタビュー入門 : 消費者心理がよくわかる ステップ別・原則・留意点・チェックリスト. ダイヤモンド社, 1993.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002257788-00 , ISBN 4478501114 (※当館未所蔵)
【資料4】 マーケティングコンセプトハウス 編. グループダイナミックインタビュー : 消費者の心を知りマーケティングを成功させる秘訣. 同文舘出版, 2005.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000007738534-00 , ISBN 4495640615 (※当館未所蔵)
【資料5】 林美和子, 肥田安弥女 著. 「定性調査」がわかる本 : 定性調査の実務に関わるすべての人達に向けて. 同友館, 2008.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000009788533-00 , ISBN 9784496044724 (当館請求記号 675.2/ハ08/)
【資料6】 朝野煕彦 編著. アンケート調査入門 : 失敗しない顧客情報の読み方・まとめ方. 東京図書, 2011.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000011289662-00 , ISBN 9784489021138 (p74「グループ・インタビューはどう使えばいいのか」 当館請求記号 675.2/ア11/)
【資料7】 宮澤永光, 亀井昭宏 監修 , 岩本俊彦 [ほか]編. マーケティング辞典. 同文舘出版, 1998.
http://iss.ndl.go.jp/books/R100000002-I000002696199-00 , ISBN 4495634917 (p54「グループ・インタビュー」 当館請求記号 ビジネスR675/マ98/ ※貸出禁止資料)
キーワード
(Keywords)
グループインタビュー
マーケティングリサーチ
定性調査
市場調査
情報
消費者
顧客
ニーズ
満足度
製品開発
モデレーター
動機調査
購買動機
アンケート
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000110249解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!