このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109931
提供館
(Library)
紙の博物館図書室 (4210001)管理番号
(Control number)
111225003
事例作成日
(Creation date)
登録日時
(Registration date)
2012年08月15日 14時26分更新日時
(Last update)
2013年01月20日 16時23分
質問
(Question)
ケント紙の由来について
回答
(Answer)
ケント紙とは名刺、製図、カレンダーなどにする紙質の硬い画材用紙。 イギリス南部ケント州の製紙家により古来生産された手漉き紙に名を発し、世界各国に輸出された著名な紙。ケント紙という銘柄は日本でつけられたもので、本場のイギリスにもその他の国にもその名はない。色白く、ゴミなく、締りあり、毛羽立ちなく、ナイフや研磨紙で修正しても修正前と同様な色材効果を顕現する紙。(以上『特種製紙五十年史』より引用)
回答プロセス
(Answering process)
①当館所蔵の書籍より「ケント」の名前で調査
②同様の記述が多い中 『特種製紙五十年史』に「ケントの銘柄は日本でつけられた」との記述があったので、そちらより回答する。
事前調査事項
(Preliminary research)
質問者の親族はRichard Balston (ケント州Maidstoneの製紙会社 W&R Balston 経営者)でその工場ではワットマン紙(whatman Paper)を漉いていたとのこと。 
英国ではケント紙(kent paper)という呼び名はない。
NDC
パルプ.製紙工業  (585 9版)
参考資料
(Reference materials)
『特種製紙五十年史』 特種製紙 1976.11
『紙パルプ事典』 改訂第5版 金原出版 1989.9
キーワード
(Keywords)
ケント紙( kent paper)
ワットマン紙(whatman Paper)
Richard Balston
イギリスの紙
ケント州(Kent)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109931解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!