このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109842
提供館
(Library)
高知県立図書館 (2110040)管理番号
(Control number)
I2012-38
事例作成日
(Creation date)
2012年06月28日登録日時
(Registration date)
2012年08月11日 11時34分更新日時
(Last update)
2012年08月26日 12時00分
質問
(Question)
男性の帯の結び方についての本を見たい

(調査理由をお聞きする)
時代劇が好きだが、身分等によるのか、様々な形の帯の結び方を見かけるので調べたいと思った。
回答
(Answer)
男性の帯の結び方が載った本は多数あるが、特に今回の調べものの趣旨にあったものとして下記を紹介した。

◆『江戸衣装図鑑』pp.68-71掲載の「男帯 武家・町人」
・・・男女・身分・TPO・江戸初期~後期の時代などによる帯の違いや、生地、結び方(カルタ結び(石畳結び)/猫じゃらし/竪結び(駒下駄結び)/貝の口/矢の字/神田結び/三尺帯(しごき帯)/腹切帯)、帯を結んだ形と着こなしのイラスト(前述の結び方に加えて、「僧(必ず前で結ぶ)」の図あり)

◆『男のキモノ』pp.46-64掲載の「帯の結び方」
・・・「男の代表的帯結びには、貝の口結び、神田結び、片ばさみ、浪人結び、一文字、片わな結びがあります。」という説明の後、それぞれの結び方について、どんな身分の人がどんな時に結んでいたのか、結びの特徴などの文章の説明と、イラストでの結び方の詳しい説明がある。

◆『男の着物人生、始めませんか』pp.122-129掲載の「帯の結び方」
・・・「兵児帯の結び方」および角帯の「貝の口」「片挟み」「一文字結び」のやり方がイラスト入りで紹介されている。
   なお、帯は、女性は「二巻き」だが男物の場合「三巻き」すること、左回りに巻く「関東巻き」と逆に巻く「関西巻き」があると解説あり。また兵児帯について、「巻いて端を挟み込むだけの「巻き挟み」や、蝶結びの輪を一つ作るだけの「片わな結び」もあると文章で解説がある。

◆『江戸服飾史』pp159-176(江戸前期の)「帯の発達」
およびp.331(江戸中期の)「帯」およびpp.353-354(江戸後期の)「帯」
・・・時代別に男女の帯の概要が分かる。江戸前期については、各種結び方について、結んだ形のイラストがある。


※この4冊以外に、下記にも説明があった。

◆『体型別男のきもの着付け入門』pp.92-97
・・・「一文字の結び方」「片ばさみの結び方」の写真説明(結びの特徴について簡単な説明あり)

◆『男のきもの雑学ノート』pp.130-135
・・・「帯結び」として、「兵児帯(片わな結び)」「角帯(貝の口結び)」「角帯(片ばさみ)」「帯結びのコツ」のイラスト説明

◆『きものの基本 五訂版』pp.47-57「第3章 男のきもの」
・・・p.51に「帯の結び方」として「貝の口」「片ばさみ」「兵児帯の蝶結び」の写真入り解説

◆『帯むすび ベストセレクト50』p.93
・・・「男結び」「さむらい結び」写真とイラストで結び方を紹介

◆『江戸服飾史談』
・・・本文中、帯についても言及がある(例:p.47に貝の口と挟み帯)



回答プロセス
(Answering process)
593の棚をブラウジングし、着物の本(特に、男性の着物についての本)を見る
383の棚をブラウジングし、服飾史(特に、江戸時代についての本)を見る
→利用者の求めにあう資料がブラウジングのみで十分に見つかったため、これ以上の検索はせずに調査終了

※なお、下記にはまとまった男の帯結びの解説がなかった
『江戸おしゃれ図絵』『時代衣装の着つけ』『衣服で読み直す日本史』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
衣住食の習俗  (383 9版)
衣服.裁縫  (593 9版)
参考資料
(Reference materials)
『江戸衣装図鑑』(菊地ひと美/著・画 東京堂出版 2011)(383.1 自館ID1106720038)
『男の着物人生、始めませんか』(泉二弘明/著 リヨン社 2003)(593.8 自館ID1104371214)
『男のキモノ』(笹島寿美/著 神無書房 1998)(593.8 自館ID1101596680)
『体型別・男のきもの着付け入門 』(笹島寿美/監修 世界文化社 2010)(593.8 自館ID1106038829)
『男のきもの雑学ノート』(塙ちと/著 ダイヤモンド社 1999)(593.8 自館ID1102415997)
『江戸服飾史 新装改訂版』(金沢康隆/著 青蛙房 1998)(383.1 自館ID1101593075)
『きものの基本 5訂版』(全日本きもの振興会/編 アシェット婦人画報社 2011)(593.1 自館ID1106483223)
『帯むすび ベストセレクト50』(岩佐佳子/著 日本ヴォーグ社 2001)(593.8 自館ID1103580542)
『江戸服飾史談』(大槻如電/〔述〕 吉田豊/編著 芙蓉書房出版 2001)(383.1 自館ID1103575955)
『江戸おしゃれ図絵』(菊地ひと美/著 講談社 2007)(383.1 自館ID1105334211)
『衣服で読み直す日本史』(武田佐知子/著 朝日新聞社 1998)(383.1 自館ID1101579447)
『時代衣裳の着つけ 増補改訂』(日本和装教育協会/編 源流社 2007)(383.1 自館ID1105327108)
キーワード
(Keywords)
男帯
帯結び
男性の着物
江戸時代
服飾史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109842解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!