このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109718
提供館
(Library)
いわき市立いわき総合図書館 (2310140)管理番号
(Control number)
いわき総合-一般2
事例作成日
(Creation date)
2010年08月28日登録日時
(Registration date)
2012年08月05日 16時14分更新日時
(Last update)
2012年10月24日 18時34分
質問
(Question)
旧陸軍などで使用していた「旭日旗(きょくじつき)」(日の丸から線が出ているデザイン)につ いて、写真や由来、歴史などについて知りたい。
回答
(Answer)
『世界の軍旗・翼章・国旗図鑑』によると、現在も陸上自衛隊旗、海上自衛艦旗として使用していることが判明。
しかしこれは、1954年6月の自衛隊法施行によるもの。
国旗、日の丸関連資料(分類288.9)、旧陸・海軍関連資料(396・397)も確認するがほとんど記 述がなかった。インターネットで「旭日旗」を検索すると、「Wikipedia」に歴史などの概要や画 像が掲載されていたが、図書館資料では見つけることができなかった。
なお質問者は当初「日章旗」と呼んでいたが、日章旗はいわゆる「日の丸」のことであり、「旭日旗」とは異なるものだそう。

追加調査分(2012/08/05)
「キショウ堂」とい店舗のホームページに「旭日旗」に関する記述あり。曽我祐準(後に陸軍中将)の自叙伝から「軍旗の初案には日光の端末を削小した圖を會議に出したれば、金平糖の看板見た様だと笑はれたから、改めて端末を擴大して出したれば、是は妙だと評された。是が即ち今日の軍旗である」というエピソードが紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
1.資料を調査
【資料①】『列強「植民帝国」旗章図鑑』   苅安 望∥編著  彩流社 2009 288.9/カ
表紙に写真あるが、本文中には確認できず。
【資料②】『世界の軍旗・翼章・国旗図鑑』 苅安 望∥編著  彩流社  2007 390.9/カ
P21に陸上自衛隊旗、海上自衛艦旗の写真あり。記述も若干あり。
【資料③】『現行法規総覧 88 国防』 衆議院法制局∥編集 参議院法制局∥編集  第一法規出版  1987
R/320.9/ニ/88
P2421(自衛隊法施行令 別表第一 第一条の二関係)に自衛隊旗、自衛艦旗の図柄あり。

2.レファレンス協同データベースを確認
「旭日旗」で検索すると2件ヒットしたが、詳しい内容のものはなかった。

3.インターネットで確認(参考)
Wikipediaに「旭日旗」の項あり、概要や画像が確認できた。

追加調査(2012/8/5)
4. Googleで「旭日旗」で検索すると「キショウ堂」という店舗のホームページがヒット。次のアドレスに「旭日旗」についての解説がされている。
http://www.kishodo.co.jp/flag/shiyou/kyoku.htm
事前調査事項
(Preliminary research)
なし
NDC
国防.軍事  (390 9版)
参考資料
(Reference materials)
『列強「植民帝国」旗章図鑑』   苅安 望∥編著  彩流社 2009 
『世界の軍旗・翼章・国旗図鑑』 苅安 望∥編著  彩流社  2007 
『現行法規総覧 88 国防』衆議院法制局∥編集 参議院法制局∥編集   第一法規出版  1987
キーワード
(Keywords)
旭日旗
軍旗
曽我祐準
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109718解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!