このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109354
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201207-14
事例作成日
(Creation date)
2012年07月26日登録日時
(Registration date)
2012年07月27日 02時06分更新日時
(Last update)
2014年09月02日 00時30分
質問
(Question)
大阪の相場師・石井定七について
回答
(Answer)
石井定七は大正時代、堂島米穀取引所の大手筋として、米の大買い占めなどで話題をまいた人物で、その隆盛期には、世間から「横掘将軍」と呼ばれ、また破産後は「借金王」ともいわれた。
 『大阪商人太平記 大正篇 上』(宮本 又次/著 創元社,1964)p.190、p.204-211
 『上方商法 : 大阪商人の土性骨』(藤本 光城/著 光文社,1958.12)p.198-204
には、そのおいたち、 相場師としての活躍など、全般的な面にわたって、しるされている。

また
 『日本買占史』(南波礼吉 春陽堂,1930)p.188-193
には、「石井の大受米」として、米の買占めに関する記述があり
 『大株五十年史』(大阪株式取引所/編 大阪株式取引所,1928.11)p.84-85
では、鐘新株買占事件について書かれている。

その他
 田中喜三治「堂島仕手の想出」『上方 : 郷土研究 第103~108号』 1939年9月105号
 戸川巌「堂島取引所の三騒動」『上方 : 郷土研究 第103~108号』 1939年9月105号
 『明治大正大阪市史 第3巻 経済篇 中』(大阪市役所/編纂 日本評論社,1934)p.606
などにも、世間を騒がせた大正10年からの米の大買い占めについて触れている。

2012.8.8情報追加
商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)をキーワード”石井定七”で検索。
『国史大辞典』に【石井定七事件】の項があり、「石井定七の思惑失敗により、大正十一年(一九二二)春に発生した金融不安」として説明あり。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
金融.銀行.信託  (338 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大阪商人太平記 大正篇 上』 宮本 又次/著 創元社,1964<当館書誌ID:0070105893>
『上方商法 : 大阪商人の土性骨』 藤本 光城/著 光文社,1958.12<当館書誌ID:0080260571>
『日本買占史』南波礼吉 春陽堂,1930
『大株五十年史』大阪株式取引所/編 大阪株式取引所,1928.11<当館書誌ID:0080190203>
田中喜三治「堂島仕手の想出」『上方 : 郷土研究 第103~108号』 1939年9月105号<当館書誌ID:0080254388>
戸川巌「堂島取引所の三騒動」『上方 : 郷土研究 第103~108号』 1939年9月105号<当館書誌ID:0080254388>
『明治大正大阪市史 第3巻 経済篇 中』大阪市役所/編纂 日本評論社,1934<当館書誌ID:0070004821>
商用データベース「Japan Knowledge(ジャパンナレッジ)」(事典・辞書等)
キーワード
(Keywords)
大阪府大阪市
相場師
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『昭和42年 大阪市立中央図書館 調査相談の記録5』より作成
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000109354解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!