このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109339
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201207-29
事例作成日
(Creation date)
2012年07月26日登録日時
(Registration date)
2012年07月27日 02時02分更新日時
(Last update)
2014年09月02日 00時30分
質問
(Question)
ハギの開花期と大阪近郊でハギの名所とされている寺院について
回答
(Answer)
『植物の事典』(佐竹 義輔/ほか編 東京堂出版,1967)p.358-359
『季節の事典』(大後 美保/著 東京堂出版,1977)p.175-176
『季語辞典』(大後 美保/編 東京堂出版,1980)p.389
によると、ハギはマメ科の多年生草本で、秋の七草の一つとして親しまれ、秋の花を代表する植物である。
その種類は多く、日本でみられるものでも10種類以上あるが、秋の七草でいわれるハギは、山野でも最も多くみられるヤマハギのことであるとされている。開花期については、気候の温暖な地方ほど遅く、ハギの種類によっても異なる。ヤマハギについては、前掲の「季節の事典P.176~177」に詳しい。

なお、大阪近郊でハギの名所とされている寺院については
 『花の寺』(岡部 伊都子/文 葛西 宗誠/写真 淡交新社,1966)p.131-146
 『花の寺 続』(岡部 伊都子/文 葛西 宗誠/写真 淡交新社,1965)p.177-194
に、京都・高台寺と奈良・唐招提寺があげられており、それぞれ、巻末には「みちしるべ」として、所在地、交通、花のみごろなどが付記されている。また
 『大阪ガイド』(牧村 史陽/著 東京法令出版,1961.9)p.316-317
 『旅程と費用:交通公社の旅行百科 改訂』(日本交通公社,1969)p.763
に、豊中市の東光院がハギの名所として紹介されている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (291 9版)
寺院.僧職  (185 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0070051975>  植物の事典 [佐竹 義輔/ほか編] 東京堂出版 1967
当館書誌ID <0070031710>  季節の事典 大後 美保/著 東京堂出版 1977
当館書誌ID <0070070028>  季語辞典 大後 美保/編 東京堂出版 1980
当館書誌ID <0080340833>  花の寺 岡部 伊都子/文 淡交新社 1966
当館書誌ID <0080340834>  花の寺 続 岡部 伊都子/文 淡交新社 1965
当館書誌ID <0080258939>  大阪ガイド 牧村 史陽/著 東京法令出版 1961.9
当館書誌ID <0080123314>  旅程と費用:改訂 -交通公社の旅行百科-  日本交通公社 1969
キーワード
(Keywords)
大阪府豊中市
はぎ
名勝
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『昭和43年 大阪市立中央図書館 調査相談の記録6』より作成
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000109339解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決