このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109332
提供館
(Library)
大阪市立中央図書館 (2210006)管理番号
(Control number)
10-3A-201207-36
事例作成日
(Creation date)
2012年07月26日登録日時
(Registration date)
2012年07月27日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年09月04日 00時30分
質問
(Question)
明治初年に行なわれた銀目廃止の由来と、大阪経済に与えた影響について
回答
(Answer)
江戸時代の幣制には、金・銀・銭の3貨と礼があって、いずれも独自の体系と地域性をもって流通しており金・銀化についてみても、金貨は金目と呼ばれて江戸を中心に計数によって使用され、銀貨は銀目と呼ばれて大阪を中心に秤量(一部計数)によって使用されていた。銀目廃止は、明治政府が幣制の統一、不合理除去のためにとった処置のひとつであり、正しくは銀目停止という。

 『明治大正大阪市史 第5巻 論文篇』(大阪市役所/編纂 日本評論社,1933)p.404-426
は、銀目廃止の由来と、その影響に触れており
 『大阪経済史研究 続』(菅野 和太郎/著 甲文堂,1935.12)p.149-165
は、銀目廃止の由来について詳しく触れている。
なお、この論文は通説に対する批判(上記『明治大正大阪市史』所載)の再批判として行なわれたものであるが、
これら銀目廃止についての論考については
 『明治維新史研究講座 第4巻 戊辰戦争~西南戦争』(歴史学研究会/編 平凡社,1962)p.192-193
が参考になる。このほか
 『大阪商人太平記 明治維新篇』(宮本 又次/著 創元社,1961)p.42-49
は銀目廃止について、平易に説明している。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
金融.銀行.信託  (338 9版)
日本史  (210 9版)
参考資料
(Reference materials)
当館書誌ID <0070004823>  明治大正大阪市史 第5巻 論文篇 大阪市役所/編纂 日本評論社 1933
当館書誌ID <0080126296>  明治維新史研究講座 第4巻 戊辰戦争〜西南戦争 歴史学研究会/編 平凡社 1962
当館書誌ID <0070105890>  大阪商人太平記 明治維新篇 宮本 又次/著 創元社 1961
『大阪経済史研究 続』 菅野 和太郎/著 甲文堂,1935.12<当館書誌ID:0080253379>
キーワード
(Keywords)
貨幣
銀目停止
大阪府
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
『昭和44年 大阪市立中央図書館 調査相談の記録7』より作成
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000109332解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決