このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109288
提供館
(Library)
香川県立図書館 (2110006)管理番号
(Control number)
14023
事例作成日
(Creation date)
2012年07月22日登録日時
(Registration date)
2012年07月24日 16時47分更新日時
(Last update)
2018年11月03日 13時50分
質問
(Question)
不等号の記号「<」「≦」などはどう読めばいいか?
回答
(Answer)
・算数・数学用語辞典 武藤徹/編著 東京堂出版 2010.6

  ※p.192「不等号」の項に次のような説明あり。

    ・「1<2」は「『1 小なり 2』などと読みます。」
    ・「2>1」は「『2 大なり 1』などと読みます。」
    ・「X≧3」は「『X 大なりイコール 3』などと読みます。」

・句読点、記号・符号活用辞典。小学館辞典編集部/編 小学館,2007.9 句読点,記号 811.7

  ※p.240-241「<:ふとうごう(よりしょう) 小なり/より小さい/レスザン(英 less than)」  
p.241-242「<:ふとうごう(よりだい) 大なり/より大きい/グレーターザン(英 greater than)」  
p.243「≦:よりちいさいかまたはひとしい 小なりイコール」
「≧:よりおおきいかまたはひとしい 大なりイコール」 

・JIS漢字字典 芝野耕司/編著 日本規格協会 2002.5 007.63

  ※p.802次のような情報あり。
     <:不等号(より大)、 >:不等号(より小)、 ≦:より小さいか又は等しい、 ≧:より大きいか又は等しい
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
数学  (410)
音声.音韻.文字  (811)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
数学-辞典
音訳
記号
句読法
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000109288解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!