このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000109243
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20120608
事例作成日
(Creation date)
2012年06月08日登録日時
(Registration date)
2012年07月22日 15時05分更新日時
(Last update)
2012年07月22日 15時05分
質問
(Question)
水上勉が書いた作品のなかで、原発(特に大飯原発)について書かれたもので、どのような
ものがあるか知りたい。
回答
(Answer)
1986年から88年頃に発表された作品のなかに、原発問題に関して書かれたものが多い。
エッセイでは『若狭海辺だより』などが、小説では『故郷』などがある。
回答プロセス
(Answering process)
プロセス

1.水上勉は1985年3月に故郷の大飯町(当時)に「若州一滴文庫」を開設。この前後の数年、在住している機会が多く、「若狭」や「故郷」のタイトルをつけたエッセイ・小説を連載・刊行。1986年4月に起きたチェルノブイリ事故をきっかけに、原発問題とそれに関わる故郷の変貌について書かれた作品を集中して発表した。
*『総特集 水上勉』河出書房新社 2000 の年譜、著書目録 等を参考。

2.自館OPACで、著者「水上勉」+ タイトル「原発」or「原子力」で検索

1.2.より、水上勉のおもな原発問題に関して書かれたものとして、以下の作品が確認できた。
このほかにも多くの作品があると思われる。

【エッセイ】
●『若狭海辺だより』水上勉著 文化出版局 1989
:「サラリーマンライフ(のち「WEEKS」)」(1986~1987)の連載が初出。
 以下の各章に関連部分あり。
「大島半島から」「奉公の村」「チェルノブイリの恐怖と悲しみ」
「かわその祭りとカセあげ」「再びチェルノブイリを憶う」「無常の風」
 「岬の空あかり」「「買い付け」と「誘致」と」「天変地異の悲しみ」
 「夏に入る若狭」「あとがき」
●『若狭日記』水上勉著 主婦の友社 1987
:「デイム」(1985年8月号~1987年7月号)の連載が初出。
「日記の終り」(p151~155)に関連部分あり。
*p126~127に「原発」のタイトルで原子力発電所のカラー写真2点掲載。

 ●『若狭憂愁 -わが旅Ⅱ』水上勉著 実業之日本社 1986
:「週間小説」(1985年10月25日号~1986年7月25日号)の連載(原題「つれづれ紀行」)が初出。「若狭憂愁」(p186~194) に関連部分あり。
*口絵に水上勉の挿絵「若狭の山々と原子力発電所」掲載。
*杉野耕一著「時流地流」(「日本経済新聞」2012/3/5)に内容等が紹介されている。
●「無常の風 -「波」二〇〇号に寄せて- 」水上勉著
:「波」1986年8月号 (p2~3)に掲載。
  ●「原発の村の人間愛情」水上勉著(『芝居ごよみ』いかだ社 1987 所収)」
   :劇団青年座「地の乳房」講演パンフレット(1984.11)が初出。p124~125。
●「再び亀と原発とそれから」水上勉著(『いのちの小さな声を聴け』新潮社 1990 所収)」
   :「波」1988年3月号が初出。p21~28。
●「原子力の青い炎」水上勉著(『植木鉢の土』小学館 2003 所収)」
   :初出不明。p153~159。

【小説】
●『故郷』水上勉著 集英社 1997
:「福井新聞」ほか地方紙12紙(1987/7/9~1988/6/28)の連載が初出。
おもな関連部分は以下のページのあたり。
p61~63, p117~122, p155~165, p218~221, p299~313, p362~373
  p520~521(あとがき)
●「金槌の話」水上勉著 (『昨日の雪』新潮社 1982 所収)
:「海燕」(1982年1月号)が初出。関連部分はp70~79のあたり。
*『コレクション 戦争と文学』19(閃) 集英社 2011にも所収。
 *正津勉著「ふくい文学歳時記」48 (「福井新聞」2012/3/11 )に内容等が紹介されている。

*なお、Googleでの検索より、以下の関連作品や発言等も確認できた。
  ●「『原発の若狭』のこと」水上勉著 (『原発切抜帖』能勢剛編 青林舎 1983 所収)
 :エッセイ。当館未所蔵のため、内容は未確認。
*上丸洋一著の書評「開沼博著『「フクシマ」論』」(朝日新聞2011/7/17)のなかで紹介。
●『一滴の力水』水上勉著 光文社 2000
 :不破哲三との対談集。「若狭と原発と東海村」(p205~228 )の章がある。
●「一滴の水脈」
  :講演記録。若州一滴文庫HPより。
http://itteki.jp/modules/itteki/index.php?content_id=12(2012.6.10 確認)

事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
小説.物語  (913 8版)
評論.エッセイ.随筆  (914 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
水上勉
原子力発電
大飯原子力発電所
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000109243解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決