このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108461
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼久-2012-014
事例作成日
(Creation date)
2012年07月12日登録日時
(Registration date)
2012年07月12日 14時40分更新日時
(Last update)
2012年09月29日 11時51分
質問
(Question)
1882(明治15)年にイタリアで開催された「トリエステ内国博覧会」に関する資料はないか。
(1873(明治6)年のウィーン万博の資料は見たが、トリエステ開催の記述のある資料が見たい。)
回答
(Answer)
自館目録を〈博覧会〉〈万博〉等で検索し、ヒットした資料を調査した。記述のある以下3点の資料を提供する。

『ウィーン万国博の研究』(関西大学経済・政治研究所 1999)
p177 「万国博覧会開催(一部に国内博覧会を含む)」という表に以下の記述あり。
「1882(明治15)8月 オーストリア内国工業博覧会(会場オーストリア、トリエスト)」

『明治日本と万国博覧会』(伊藤真実子著 吉川弘文館 2008)
p50-51 「明治時代に参加した国際博覧会』という表に以下の記述あり。
「(1882 トリエステ内国博覧会 経費四一五円)」

『図説 万国博覧会1851-1942』(思文閣出版 1985)
p10 「~(前略)このフランスの成功に学んで、オーストリアは1808年にトリエステで博覧会を開き、~(後略)」
回答プロセス
(Answering process)
『日本大百科全書 17』(小学館 1987)
p262 トリエステに関して以下の記載があり、1882年当時はイタリアでなくオーストリアに属していたことがわかる。
「~(前略)1719年に自由港が建設されて商人や職人が集まるようになり、オーストリア・ハンガリー帝国の主要な商業の中心地となった。フランス革命後、1797年、1805年、1809~13年の三度にわたってフランスが支配したが、その後はオーストリア支配に戻り、1897年からはオーストリア議会に議員を送った。~」

『ブリタニカ国際大百科事典 16』(TBSブリタニカ 1974)
p186~192 「博覧会と見本市」の項があるが、イタリアに関しては項目なし。

インターネット情報
《Google》を〈トリエステ〉〈内国博覧会〉で検索するが、結果は質問に合致しない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
団体  (606 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ウィーン万国博の研究』(関西大学経済・政治研究所 1999)
『明治日本と万国博覧会』(伊藤真実子著 吉川弘文館 2008)
『図説 万国博覧会1851-1942』(思文閣出版 1985)
キーワード
(Keywords)
トリエステ
万国博覧会
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108461解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決