このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108154
提供館
(Library)
愛知淑徳大学図書館 (3310015)管理番号
(Control number)
ASN2012-12
事例作成日
(Creation date)
2012年07月04日登録日時
(Registration date)
2012年07月04日 20時25分更新日時
(Last update)
2016年02月26日 13時46分
質問
(Question)
出生率を知りたい
回答
(Answer)
回答プロセス参照
回答プロセス
(Answering process)
1. レファレンス資料コーナーで棚を確認する
 【★1】『日本統計年鑑』(当館の最新は2010)
    p63 2-22 出生,死亡,死産,婚姻及び離婚数(大正14年~平成19年)

 【★2】『厚生労働白書』(当館の最新は平成21年版)
    資料編(CD-ROMに収録)
    I 制度の概要および基礎統計>①厚生労働全般>人口構造>出生数・合計特殊出生率

 【★3】『日本国勢図会』(当館の最新は2012/13)
    P54 「表3-1 人口動態」

 【★4】『子ども・子育て白書』(当館の最新は平成23年版) ←継続前誌『少子化社会白書』
    第2章 第1節 1 出生数、出生率の推移
    p20 「出生数及び合計特殊出生率の年次推移」
    p23 「都道府県別合計特殊出生率」

 【★5】『民力』(当館の最新は2010:2009-2010)
    出生率→ 記載なし
    出生児数→ p410,551 [全国,県別]

 【★6】『人口の動向 日本と世界:人口統計資料集』(当館の最新は2006)
    p41 「表3-1 普通出生率,死亡率,自然増加率および標準化出生率,死亡率,自然増加率」
    1873~の推移データ。1965年から毎年あり

  *【★1~6】の出所資料:『人口動態統計』厚生労働省大臣官房統計情報部人口動態・保健統計課編


2. Webで最新データを探す
  【★7】統計局HP
   *データの出所(図書資料、Web資料とも)までナビゲートしてくれる
    統計局Home>統計データ>日本統計年鑑 < http://www.stat.go.jp/data/nenkan/
    サイト内検索 キーワード:出生率

   ●「02C-Q01 出生数と出生率」
     ⇒『人口動態統計・月報』(厚生労働省大臣官房統計情報部) 年刊・月刊
    厚生労働省トップ > 統計情報・白書 > 各種統計調査結果 > 厚生労働統計一覧 > 1 人口・世帯 > 人口動態調査
    > 人口動態統計(確定数)の概況 > 各年次 > 人口動態総覧(率)の年次推移
      
   ●「02C-Q02 女性が生涯に生む子供の数(合計特殊出生率)
     ⇒ 『人口動態統計』(厚生労働省大臣官房統計情報部) 年刊
    厚生労働省トップ > 統計情報・白書 > 各種統計調査結果 > 厚生労働統計一覧 > 1 人口・世帯 > 人口動態調査
    > 人口動態統計(確定数)の概況 > 各年次 > 人口動態総覧(合計特殊出生率=表の最後にあり)

  【★8】『e-Stat』
   Home>主要な統計から探す>人口動態調査

≪言葉の意味≫  出典:『JapanKnowledge:デジタル大辞泉』
*出生率
一定期間の出生数の、人口に対する割合。一般に、人口1000人当たりの、1年間の出生児数の割合をいう。日本では毎年10月1日現在の人口を基準とする

*合計特殊出生率
15歳から49歳の女性の、年齢別出生率を合計した指標。一人の女性が平均して一生の間に何人の子供を産むかを表す。合計出生率。

Web最終確認日:2012/07/05

以上
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本  (351)
社会福祉  (369)
衛生学.公衆衛生.予防医学  (498)
参考資料
(Reference materials)
【★1】『日本統計年鑑』(総務省統計研修所編 日本統計協会 2010 351/SO39/59)
【★2】『厚生労働白書』(厚生労働省編 ぎょうせい 2009 4981/KO83/2009)
【★3】『日本国勢図会』(矢野恒太記念会編 日本評論社 2012 351/N77/2012-‘13)
【★4】『子ども・子育て白書』(内閣府編 勝美印刷 2011 3694/N28/2011)
【★5】『民力』(朝日新聞社編 朝日新聞出版 2010 351/A821-1/2010)
【★6】『人口の動向 日本と世界:人口統計資料集』(国立社会保障・人口問題研究所編 厚生統計協会 2006 358/J52/2006)
【★7】『統計局HP』< http://www.stat.go.jp/
【★8】『e-Stat』< http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/eStatTopPortal.do > (政府統計の総合窓口)
キーワード
(Keywords)
出生率
合計特殊出生率
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
統計データ
質問者区分
(Category of questioner)
学生
登録番号
(Registration number)
1000108154解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!