このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108071
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-064
事例作成日
(Creation date)
2012年04月04日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 13時27分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 14時10分
質問
(Question)
秋田県南部の小野寺氏に関する資料を探している。
(藤原氏に占領される以前の古い氏族。城跡などもある。)
回答
(Answer)
小野寺氏に関する記述がある以下の資料を紹介した。
『中世出羽の領主と城館』(伊藤清郎、山口博之編 高志書院 2002)
p140-146「四 小野寺氏と雄勝・平鹿地方の城館」p147-155「五 戸沢、六郷、本堂氏と山本地方の城館 1 小野寺氏との対立を深めた戸沢、六郷、本堂氏」
遠藤巌著「京都御扶持衆小野寺氏」(『日本歴史 第485号』吉川弘文館 1988 p1-18)
『秋田人名大事典』(秋田魁新報社編 秋田魁新報社 2000)p147〈小野寺氏(鎌倉~織豊時代)〉の項あり
『国史大辞典 2』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1980)p890-891〈小野寺氏〉の項あり
『姓氏家系大辞典  1』(太田亮著 角川書店 1981)p1022-1025 〈小野寺〉の項あり。質問の小野寺氏はp1024-1025の〈4 仙北の小野寺氏〉と思われる。「語伝仙北次第」、「永慶軍記」(前出)などの史料からの引用。
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008)p216〈小野寺〉の項あり
『日本史諸家系図人名辞典』(小和田哲男[ほか]編 講談社 2003)p206-207〈小野寺氏〉の項あり。参考文献として「深沢多市「小野寺盛衰記」纂3下-555」があがっている。
『日本城郭大系 2 青森・岩手・秋田』(平井聖〔ほか〕編集 新人物往来社 1980)
p433-437 〈稲庭城〉の項に〈小野寺氏〉についてのまとまった記述あり。p436-440 〈鵜沼城〉の項にも〈小野寺氏〉について記述あり。p427-428 〈沼館城〉(これは岩手県)の項にも〈小野寺氏〉について記述あり。p440-442 〈西馬音内城〉に記述あり
『秋田縣史  1』(秋田県編 秋田県 1915)p87-88「小野寺氏亡」
『戦国史料叢書 2-3 奥羽永慶軍記 上』(人物往来社 1966)p61-65「小野寺中宮助討るゝの事」p376-383「小野寺、秋田と合戦の事」
『戦国史料叢書 2-4 奥羽永慶軍記 下』(人物往来社 1966)p226-235「小野寺、湯沢城返攻の事、付岩崎合戦(城攻)の事」p243-248「稲庭・川連・三梨落城の事」稲庭・川連・三梨は小野寺の一族三カ城p263-266「小野寺一門、所々の城返攻の事」p419-422「小野寺遠江守義道流罪並に先祖の事」

《国立国会図書館サーチ》を、件名〈小野寺氏〉で検索した結果から以下の書誌情報を紹介した。
「中世の小野寺氏 その伝承と歴史」(小野寺彦次郎編著 小野寺宏補訂 仙台 小野寺宏 2004)(秋田県図所蔵)
「中世の小野寺氏 その伝承と歴史」(小野寺彦次郎編著 小野寺宏補訂 仙台 創栄出版 1993)(国会図・宮城県図所蔵)
「小野寺盛衰記 上・下」(深沢多市著 横手 彦栄堂 1959)(秋田県図所蔵)
「小野寺盛衰記」(深沢多市著 横手郷土史編纂会編 横手 彦栄堂 1959)(国会図所蔵)
「小野寺盛衰記」(深沢多市著 東洋書院 1979)彦栄堂昭和34年刊の複製(国会図・秋田県図・栃木県図ほか所蔵)
「小野寺氏研究資料 1」(伊沢慶治編 横手 伊沢慶治 1959)(秋田県図所蔵)
「稲庭小野寺氏の研究」(佐々木千代治編 湯沢 湯沢市昔を語る会 1989)(国会図・宮城県図所蔵)
「小野寺氏の研究 続」(佐々木千代治編 湯沢 湯沢市昔を語る会 1991)(国会図・宮城県図所蔵)
「津谷、小野寺氏、家系家族覚書」(小野寺惇著 調布 小野寺良子 1985)(国会図所蔵)
「風雲小野寺一族」(小野寺一族の会編著 一関 小野寺一族の会事務局 1999)(国会図・青森県図・岩手県図ほか所蔵)
「註解老松家小野寺氏世代」(小野寺彦次郎著 小野寺宏註解 仙台 小野寺宏 1994)(国会図所蔵)
回答プロセス
(Answering process)
NDC分類〈212〉(秋田県の地方史)の書架を調査する。
雑誌論文をインターネットで検索する。
歴史事典を調査する。
城跡があるということから『日本城郭大系』を調査する。
姓氏家系事典を調査する。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
系譜.家史.皇室  (288 9版)
参考資料
(Reference materials)
『中世出羽の領主と城館』(伊藤清郎、山口博之編 高志書院 2002)
『日本歴史 第485号』(吉川弘文館 1988.10)
『秋田人名大事典』(秋田魁新報社/編 秋田魁新報社 2000)
『国史大辞典 2』(国史大辞典編集委員会編 吉川弘文館 1980)
『姓氏家系大辞典 1』(太田亮著 角川書店 1981)
『日本家系・系図大事典』(奥富敬之著 東京堂出版 2008)
『日本史諸家系図人名辞典』(小和田哲男[ほか]編 講談社 2003)
『日本城郭大系 2 青森・岩手・秋田』(平井聖〔ほか〕編集 新人物往来社 1980)
『秋田縣史  1』(秋田県編 秋田県 1915)
『戦国史料叢書 2-3 奥羽永慶軍記 上』(人物往来社 1966)
『戦国史料叢書 2-4 奥羽永慶軍記 下』(人物往来社 1966)
「中世の小野寺氏 その伝承と歴史」(小野寺彦次郎編著 小野寺宏補訂 仙台 小野寺宏 2004)
「中世の小野寺氏 その伝承と歴史」(小野寺彦次郎編著 小野寺宏補訂 仙台 創栄出版 1993)
「小野寺盛衰記 上・下」(深沢多市著 横手 彦栄堂 1959)
「小野寺盛衰記」(深沢多市著 横手郷土史編纂会編 横手 彦栄堂 1959)
「小野寺盛衰記」(深沢多市著 東洋書院 1979)彦栄堂昭和34年刊の複製
「小野寺氏研究資料 1」(伊沢慶治編 横手 伊沢慶治 1959)
「稲庭小野寺氏の研究」(佐々木千代治編 湯沢 湯沢市昔を語る会 1989)
「小野寺氏の研究 続」(佐々木千代治編 湯沢 湯沢市昔を語る会 1991)
「津谷、小野寺氏、家系家族覚書」(小野寺惇著 調布 小野寺良子 1985)
「風雲小野寺一族」(小野寺一族の会編著 一関 小野寺一族の会事務局 1999)
「註解老松家小野寺氏世代」(小野寺彦次郎著 小野寺宏註解 仙台 小野寺宏 1994)
キーワード
(Keywords)
小野寺(氏)(オノデラ(シ))
秋田県-歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108071解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!