このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000108057
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-049
事例作成日
(Creation date)
2012年03月06日登録日時
(Registration date)
2012年07月02日 11時36分更新日時
(Last update)
2012年10月02日 13時20分
質問
(Question)
富岡製糸場の施工に関する「大工手間附」に書かれた大工棟梁12名(以下のア~シ)及び総棟梁3名(ス~ソ)の消息が残る記録を探している。ア 石丸祐次  イ 村松留太郎  ウ 溝口勝三郎  エ 甲良近造  オ 依田千太郎 カ 片岡富八郎  キ 家木忠五郎  ク 福山留平 ケ 太田次郎吉  コ 日下三右衛門  サ 池田定七  シ 諸田源兵衛  ス 豊田金五郎  セ 福田直吉  ソ 濱野元吉
出典は『日本科学技術史大系 17 建築技術』p122「資料2-19 大工手間附」(明治4年6月)。
回答
(Answer)
15名すべての消息がわかる資料はみつからなかった。
ただし、何人かの人物については、以下の資料に名前が散見される。

ア 石丸祐次
『藤岡屋日記 近世庶民生活史料 7』(鈴木棠三、小池章太郎編 三一書房 1990)
  p147上段 安政3(1856)年3月6日駿州久能山御宮普請の文書に、「大棟梁 石丸祐次」とあり。

『棟札銘文集成 社寺の国宝・重文建造物等 関東編 「非文献資料の基礎的研究(棟札)」報告書』(国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 1997)
  p151東照宮社殿寛政8(1796)年修営の棟札に「石丸祐次充良」の名がある。

イ 村松留太郎
『富岡製糸場 写真集』(片倉工業 2007)
  p127「(前略)そのうちの溝口勝三郎と松村留太郎は横須賀製鉄所の建築にもかかわっていた。」とあり。

ウ 溝口勝三郎
  イに同じ

オ 依田千太郎
『藤岡屋日記 近世庶民生活史料 3』(鈴木棠三、小池章太郎編 三一書房 1988)
  p135上段 弘化4(1847)年3月21日、浅草観世音開帳の奉納の記述に「一 青銅廿五〆、台ニ積 依田千太郎」とあり。

サ 池田定七
『史料京都の歴史 12 下京区』(京都市編 平凡社 1981) 
  巻末「下京区関係文書目録・解説」p47「嶋沢君平地屋敷買得につき池田定七請状 明治4.11.売主安田竹治郎」とあり。

ソ 濱野元吉
『明治人名辞典 上』(日本図書センター 1988)
  〈ハ〉p59「濱野元吉君 君は土木請負業者なり(小石川区表町四九 電話番町一〇八四)」とあり。

『日本紳士録 大正12年用』(ぎょうせい 1922) 
  p105「濱野元吉 建築請負業、小石川表町四九●18九▲小一〇八四」とあり。

『日本人物情報大系 6(女性録編1)初版大日本婦人録』(芳賀登〔ほか〕編 皓星社 1999)
  p53下段「大日本婦人録」に〈濱野すゞ子〉の名があり、「土木請負業濱野元吉氏夫人」とあり。

『明治大正昭和東京人名録 上 明治』(日本図書センター 1989)
  p88〈濱野元吉〉の項あり。「土木建設請負業、小石川区表町49●197▲番1084」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
1 人名事典を確認する。
『日本紳士録 大正12年用』(ぎょうせい 1922)
『明治人名辞典 1-3』(日本図書センター 1988-1994)
『明治大正昭和東京人名録 上 明治』(日本図書センター 1989)
『人物レファレンス事典』(日外アソシエーツ)、『日本人物情報大系 別巻 31-40』(皓星社 2001)

2 《GoogleBooks》で人名を調査する。

3 〈富岡製糸場〉関連の資料調査
『旧富岡製糸場建造物群調査報告書』(文化財建造物保存技術協会編 富岡市教育委員会 2006)
『赤煉瓦物語』(赤煉瓦物語をつくる会編 斎田朋雄著 あさを社 1986)
『群馬・産業遺産の諸相』(高崎経済大学附属産業研究所編 日本経済評論社 2009)
『富岡製糸場事典 Silk Country Gunma 21 シルクカントリー双書 8』(富岡製糸場世界遺産伝道師協会〔著〕 上毛新聞社 2011)
『富岡製糸場誌 上・下』(富岡製糸場誌編さん委員会編 富岡市教育委員会 1977)
『ふたつの製糸工場 富岡製糸場と碓氷社 第57回企画展』(群馬県立歴史博物館 1997)
『富岡製糸場 写真集』(片倉工業 2007)
『富岡製糸場のお雇い外国人に関する調査報告 特に首長ポール・ブリュナの事績に視点を当てて 中間報告 富岡製糸場総合研究センター報告書』(富岡市教育委員会編 富岡市教育委員会 2010)
『製糸機械の歩み百年展 富岡製糸を中心にして』(東京農工大学工学部附属繊維博物館 1972)
『富岡製糸所史』(藤本実也著 埼玉県立浦和図書館(製作)〔1988〕:片倉製糸紡績株式会社 1943)
『富岡製糸場誌 上・下』富岡製糸場誌編さん委員会 富岡市教育委員会 1977)

4 〈大工〉〈棟梁〉から調査する。
『京の大工棟梁と七人の職人衆』(笠井一子著 草思社 1999)
『日本の匠 六十三人の棟梁と語る』(学芸出版社 1995)
『近世上方大工の組・仲間』(川上貢著 思文閣出版 1997)
『明治工業史 建築編』(日本工学会 学術文献普及会 1968)
『近世大工の系譜』(内藤昌著 ぺりかん社 1981)
『船大工考』(山田佑平著 〔山田佑平〕 1993)

5 〈棟札〉から調査する。
『棟札の研究』(水藤真著 思文閣出版 2005)
『棟札銘文集成 社寺の国宝・重文建造物等 関東編 「非文献資料の基礎的研究(棟札)」報告書』
(国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 1997)
『棟札銘文集成 社寺の国宝・重文建造物等 中部編 「非文献資料の基礎的研究(棟札)」報告書』
(国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 1993)
『棟札銘文集成 社寺の国宝・重文建造物等 東北編 「非文献資料の基礎的研究(棟札)」報告書』
(国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 1997)
『歴史と民俗 3 神奈川大学日本常民文化研究所論集 3』(神奈川大学日本常民文化研究所編 平凡社 1988)

6 〈横須賀製鉄所〉から調査する。  富岡製糸場と横須賀製鉄所は設計者が同じで、大工の中には、双方の建築に参加した者が含まれるため。
『日本科学技術史大系 17 建築技術』(日本科学史学会編 第一法規出版 1964)質問出典資料
『経営と労働の明治維新 横須賀製鉄所・造船所を中心に』(西成田豊著 吉川弘文館 2004)
『徳川幕府の大いなる遺産横須賀造船所 近代横須賀創設の先駆け達・シリーズ 2』(長浜つぐお編 横須賀の文化遺産を考える会 2004)
『横須賀案内記 製鉄所からはじまった歩み』(久保木実著 富澤喜美枝著 横須賀市 2007)
『横須賀市史 上』(横須賀市編集 横須賀市 1988)
『浦賀奉行所関係史料 1-3』(横須賀史学研究会編 1967)
『近世製鉄史論』(武井博明著 三一書房 1972)
『明治工業史 火兵編・鉄鋼編』(日本工学会 学術文献普及会 1969)
『幕末明治製鉄論』(大橋周治編 アグネ 1991)
『幕末明治製鉄史』(大橋周治著 アグネ 1975)
『明治工業史 造船編』(日本工学会 学術文献普及会 1968)
『日本近世造船史 明治時代』(造船協会編 原書房 1973)
『近代日本造船事始 肥田浜五郎の生涯』(土屋重朗著 新人物往来社 1975)
『造船物語』(神馬新七郎著 高山書院 1942)
『造船官の記録』(造船会編 船舶技術協会 1967)

7 雑誌記事の調査
田邊泰「江戸幕府大棟梁甲良氏に就て」(『建築雑誌 第50輯 第609号』昭和11年2月 p123-129)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
建築計画.施工  (525 9版)
参考資料
(Reference materials)
『藤岡屋日記 近世庶民生活史料 7』(鈴木棠三、小池章太郎編 三一書房 1990)
『棟札銘文集成 社寺の国宝・重文建造物等 関東編 「非文献資料の基礎的研究(棟札)」報告書』(国立歴史民俗博物館編 国立歴史民俗博物館 1997)
『富岡製糸場 写真集』(片倉工業 2007)
『藤岡屋日記 近世庶民生活史料 3』(鈴木棠三、小池章太郎編 三一書房 1988)
『史料京都の歴史 12 下京区』(京都市編 平凡社 1981) 
『明治人名辞典 上』(日本図書センター 1988)
『日本紳士録 大正12年用』(ぎょうせい 1922) 
『日本人物情報大系 6(女性録編1)初版大日本婦人録』(芳賀登〔ほか〕編 皓星社 1999)
『明治大正昭和東京人名録 上 明治』(日本図書センター 1989)
キーワード
(Keywords)
大工-歴史
建築(日本)-歴史
富岡製糸場
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000108057解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!