このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107978
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20120301-08
事例作成日
(Creation date)
2012年03月01日登録日時
(Registration date)
2012年06月28日 17時25分更新日時
(Last update)
2013年11月05日 14時36分
質問
(Question)
勝海舟(1823(文政6)年-1899(明治32)年)が国会議事堂を市川市国府台に建設しようという説があると聞いた。それが本当なのか根拠が知りたい
回答
(Answer)
「ウィキペディア(Wikipedia)」の市川市の項に「幕末、国府台地区は勝海舟によって国会議事堂の選定地として考慮に入れられたこともある。」との記述があった。国会議事堂は1987(明治20)年に現在地への建築予定が決定しているため、幕末からこの時期までの出来事であると考え当館所蔵の『勝海舟全集』(講談社 1976-1994)、『幕末の市川』(市立市川歴史博物館 2003)、『勝海舟』(松浦玲/著 筑摩書房 2010)、『勝海舟のすべて』(小西四郎/編 新人物往来社 1985)、『勝海舟』(石井孝/著 吉川弘文社 1986)、『それからの海舟』(半藤一利/著 筑摩書房 2003)、『明治の海舟とアジア』(松浦玲/著 岩波書店 1987)と千葉県立中央図書館所蔵の『勝海舟と幕末明治』(松浦玲/著 講談社 1973)、『勝海舟言行録』(秦作三/著 新人物往来社 1974)には、このことについての記載を発見できなかった。また、インターネットで閲覧可能な国立国会図書館の資料「国立国会図書館所蔵 勝海舟文書について 付・勝海舟文書仮目録」『参考書誌研究』第10 号(1974.11)及び「勝海舟関係文書目録」を見たが書名からは判断することができなかった。
同時に市川歴史博物館に問い合わせたところ、「その話は聞いたことがあるが、根拠は不明」との回答だったため、国立国会図書館へレファレンスを依頼したところ「調査及び研究の代行と認められる調査、合理的検索手段のない調査には応じられません。」とする回答と、国会図書館憲政資料室所蔵の勝海舟関係文書の検索手段等についての案内を得た。検索手段として、上記2 つの目録の他に「憲政資料室収集文書目録」の案内を受けたが、こちらの目録からも勝海舟が国会議事堂について言及したと思われる資料を探すことはできなかった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本史  (210 8版)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000107978解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!