このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107908
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120627-4
事例作成日
(Creation date)
2012年06月27日登録日時
(Registration date)
2012年06月27日 23時31分更新日時
(Last update)
2012年12月09日 12時16分
質問
(Question)
王羲之について知りたい。
回答
(Answer)
王羲之(おうぎし) (307―365) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E7%8E%8B%E7%BE%B2%E4%B9%8B/  (2012/06/27確認)
中国、東晋(とうしん)時代の能書家。中国、日本において書聖として尊重される。東晋の建国に功労のあった王導(おうどう)の従弟(いとこ)王曠(おうこう)の子。字(あざな)は逸少(いっしょう)。琅邪(ろうや)臨沂(りんぎ)(山東省臨沂県)の人。秘書郎(宮中の典籍をつかさどる)をはじめとし、会稽(かいけい)王友、臨川大守、江州刺史(しし)、護軍将軍を歴任した。名門の出身であったが、中央政府の地位を求めず、351年(永和7)には右軍(ゆうぐん)将軍、会稽内史に任じられ、会稽郡山陰県(浙江(せっこう)省紹興(しょうこう)府)に赴任した。この官名により王右軍と称される。また353年3月、山陰県の名勝蘭亭(らんてい)に時の名士謝安、孫綽(そんしゃく)らと会合し、詩を賦したことは有名で、曲水(きょくすい)の宴として後世に伝わる。4年間の在任ののち辞任して、以後は自然に心を寄せ隠逸生活を送った。・・・

おうぎし【王羲之】-国史大辞典
三〇七―六五
東晋時代の能書家。字は逸少。西晋の永嘉元年(三〇七)、琅邪臨沂(山東省)に生まれる。土地の名族王氏の出身で、父曠は淮南太守。祖父は王正。導の従子にあたる。 ...
古今無二の書聖と謳われ、子の献之とともに二王と称される。羲之の真蹟はすでに亡んでしまったが、双鉤填墨本・刻本として多くの作品が伝えられている。刻本では、『蘭亭序』『集王聖教序』『十七帖』が著名。精密な技術を誇る双鉤填墨本の『喪乱帖』(御物)、『孔侍中帖』(国宝、尊経閣文庫蔵)が、わが国に現存する。王書は奈良時代に日本に伝えられ、日本書道(上代様の成立)の母胎となった。なお、羲之の生没年については諸説あるが、魯一同著『右軍年譜』に従った。

おう‐ぎし〔ワウ‐〕【王羲之】 大辞林
[307~365]中国、東晋の書家。琅邪臨沂(ろうやりんき)(山東省)の人。字(あざな)は逸少(いつしょう)。その書は古今第一とされ、行書「蘭亭序」、草書「十七帖」などが有名。書聖と称される。子の王献之とともに二王といわれる。

王羲之 【おう・ぎし/ワン・シーヂー】-世界文学大事典
Wang Xi zhi
中国 307(永嘉1)頃-365(興寧3)頃
中国,東晋(とうしん)の文人。字(あざな)は逸少。琅邪臨沂(ろうやりんき)(山東省臨沂県)の人。六朝(りくちよう)随一の名門貴族の出身であり,20歳ごろ秘書郎となり,征西将軍庾亮(ゆりよう)のもとで参軍・長史を務め,寧遠(ねいえん)将軍・江州刺史・護軍将軍などを歴任し,最終の官は右軍(ゆうぐん)将軍・会稽(かいけい)内史。ために王右軍とも称される。355(永和11)年,49歳のとき父母の墓前に誓って官界を退いたのちは,二度と出仕しようとせず,道士の許邁(きよまい)らと交わり,会稽の逸民としての生涯を送った。 ...
伝は『晋書』巻80。

王羲之【おうぎし】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E7%8E%8B%E7%BE%B2%E4%B9%8B  (2012/06/27確認)
おうぎし【王羲之 Wáng Xī zhī】 世界大百科事典 第2版
307?‐365?
中国,東晋の書家。山東省南東部の琅邪臨沂(ろうやりんぎ)の人。名は逸少。官名により王右軍と呼ばれる。父は王曠(おうこう),東晋の元勲王導とはいとこの間柄になる。王羲之は早く父を失ったので,この王導や叔父の王廙(おうい)の庇護をうけて成長し,実力者の郗鑒(ちかん)の女と結婚し,貴族社会の寵児として官界に乗り出し,征西将軍府参軍として武昌に赴き,累進して長史となり,のち寧遠将軍,江州刺史となった。王導からたびたび建康(現,南京)の中央政府に入ることをすすめられ,辞退しきれず,一時,護軍将軍に就任したが,中央の空気になじめず,地方に出ることを希望し,351年(永和7),右軍将軍,会稽内史として会稽郡治の山陰県に赴任した。・・・
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典、コトバンクで検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
中国  (222 9版)
書.書道  (728 9版)
参考資料
(Reference materials)
Yahoo!百科事典
http://100.yahoo.co.jp/  (2012/06/27確認)
コトバンク
http://kotobank.jp/  (2012/06/27確認)
中国学芸大事典 近藤春雄著 大修館書店 1978 ISBN:4469032018 p.42
新編東洋史辞典 / 京大東洋史辞典編纂会編 東京創元社 , 1980 ISBN:4488003109 p.106
アジア歴史事典 2 平凡社 1959 p.13
東晋の書家 王羲之 書道ジャーナル研究所
http://www.shodo-journal.com/knowledge/cogishi.html  (2012/12/08確認)
王羲之(303~361)について 日本インターネット書道協会
http://www.nisk.jp/shodokisochishiki/shodojinbutsujiten_01.html  (2012/12/08確認)
キーワード
(Keywords)
王羲之(おうぎし)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000107908解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!