このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107346
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-031
事例作成日
(Creation date)
2012/5/16登録日時
(Registration date)
2012年06月18日 15時05分更新日時
(Last update)
2012年11月29日 11時18分
質問
(Question)
薬品名『リンデロン‐V軟膏0.12%』の成分・効用について知りたい。
回答
(Answer)
以下の資料を紹介した。
『医者からもらった薬がわかる本 2010年版』
 p776「⑦7副腎皮質ステロイド」の中「③作用が強力(strong)」の[ベタメタゾン吉草酸エステル]の項に(先発医薬品)リンデロンV軟膏(塩野義)  軟膏0.12% 1g(1ml) 保険薬価32.40円の記載あり。7は皮膚病(湿疹・おでき類)用薬で、「⑦7副腎皮質ステロイド」の処方目的の記載あり。

『治療薬マニュアル 2011』(北原光夫・上野文昭編 医学書院 2011)
 p1808-1809「ベタメタゾン吉草酸エステル」の項目に、他の製品と共にリンデロン-V軟膏・クリーム・ローションが掲載されている。

『JAPIC医療用医薬品集 2012』(日本医薬情報センター 2011)
 p2445-2447「ベタメタゾン吉草酸エステル」の項目に、他の製品と共にリンデロン-V軟膏が掲載されている。「組成」「効能・効果」「用法・用量」「禁忌」等の情報あり。

『皮膚のクスリがわかる本』(渡邉泰雄編著 地人書館 2008)
 p120 「吉草酸ベタメタゾン Ⅲ群」の項目に、商品名として「リンデロン-V(軟膏・クリーム・ローション)」が掲載されている。

『皮膚外用薬の選び方と使い方』(西岡清著 南江堂 2009)
 「3 外用療法Q&A」の個々の質問の中で、リンデロン-V軟膏の処方例が掲載されている。

回答プロセス
(Answering process)
埼玉県立図書館ウェブサイトの《調査・研究に役立つリンク集》( https://www.lib.pref.saitama.jp/stplib_doc/reference/link_site.html )より日本医薬情報センターの「医薬品データベース」を照会した。
「一般用医薬品添付文書情報データ」を〈リンデロン &  塩野義製薬〉で検索した。
 リンデロン‐V軟膏0.12%医薬品添付文書のPDFに成分・効用ともに詳細な記述あり。
ただし紙資料を必要としていたため、図書資料を探す。
その他調査済み資料は以下のとおり。
『医者からもらった薬がわかる本 2006年版』
『医者からもらった薬早わかり事典 2000年度版』
 p709-713 皮膚科用剤 外用副腎皮質ホルモン剤の項に「リンデロン‐V」の製剤名あり。個別の解説はなし。
『ピルブック 薬の事典’93-’94』
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499)
参考資料
(Reference materials)
『医者からもらった薬がわかる本 2010年版』(法研 2009)
『治療薬マニュアル 2011』(北原光夫・上野文昭編 医学書院 2011)
『JAPIC医療用医薬品集 2012』(日本医薬情報センター 2011)
『皮膚のクスリがわかる本』(渡邉泰雄編著 地人書館 2008)
『皮膚外用薬の選び方と使い方』(西岡清著 南江堂 2009)
キーワード
(Keywords)
皮膚疾患
クリーム
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000107346解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!