このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000107119
提供館
(Library)
鳥栖市立図書館 (2310075)管理番号
(Control number)
鳥栖参-050
事例作成日
(Creation date)
2012年5月17日登録日時
(Registration date)
2012年06月15日 11時15分更新日時
(Last update)
2012年08月24日 15時15分
質問
(Question)
芥川龍之介が「偸盗」を著した時、それを自分自身で失敗作だとして、
友人の菊池寛に手紙を書いたらしい。
その手紙の全文が載った本はあるか。
回答
(Answer)
正しくは松岡譲に宛てた書簡であった。

918/ア『芥川龍之介全集 第2巻』 (伊藤 整/編 1968年 角川書店)
p.343 一六三(書簡番号) 大正六年三月二十九日 松岡譲宛
p.348 一七〇 同年四月二十五日 松岡譲宛
p.351 一七四 同年五月七日 松岡譲宛

「失敗作」との明記はないものの、『「偸盗」なんぞヒドイもんだよ安い絵双紙みたいなもんだ』
『いろんなトンマな嘘がある』『僕の書いたもんじゃ一番悪いよ』など、芥川の「偸盗」への
厳しい評価がうかがえる内容。


この他、中根駒十郎宛の書簡にも「偸盗」についての記述あり
p.353 一七七 五月二十七日 中根駒十郎宛

鳥栖市立図書館
回答プロセス
(Answering process)
・「偸盗」が収録されている文庫本、全集の巻末の解説をあたる→手がかりになる記述なし
・「偸盗」論が掲載されいてる本をあたる→該当の手紙の一文が引用されていたが、参考文献の記載なし
・年表から「偸盗」が発表された年を調べる→上記全集の巻末の書簡集からその年の書簡を調べた
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
日本文学  (910)
作品集  (918)
参考資料
(Reference materials)
910.2/アク「芥川龍之介 抒情の美学」(平岡敏夫/著 1982年 大修館書店)
B910.2/アク「芥川龍之介書簡集」(石割透/編 2009年 岩波書店) (※該当書簡は収録なし)
910.2/アク「芥川竜之介の手紙」(関口安義/著 1992年 大修館書店)
910.2/ア「現代日本文学アルバム 7」(1978年 学研)
918.6/ア「日本文学全集 28」(1986年 集英社)
918.6/チ「日本の文学 29」(1979年 中央公論社)
キーワード
(Keywords)
芥川 龍之介
芥川 竜之介
偸盗
書簡
松岡 譲
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000107119解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!