このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106500
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼浦-2012-004
事例作成日
(Creation date)
2012年04月14日登録日時
(Registration date)
2012年05月26日 09時11分更新日時
(Last update)
2012年07月31日 17時07分
質問
(Question)
美術教育の中で自分の作品についてプレゼンテーションカードを書くという活動があるそうだが、そうした教育活動について書かれた書籍を知りたい。
回答
(Answer)
「プレゼンテーションカード」という用語に限定した資料は見あたらなかった。
類似する活動事例として何らかの作品カードやワークシートを利用して作品の相互鑑賞を行う中学校の美術教育についての資料とウェブサイトを紹介した。

資料はいずれも埼玉県立総合教育センター教育資料室所蔵
「埼玉県中学校教育課程指導実践事例集 平成24年3月」(埼玉県教育委員会 2012)
p92自画像を作成し、他の生徒の作品に対する感想を付箋に書いて交換するという事例あり。

「中学校新学習指導要領の展開 美術科編」(明治図書出版 2009)
p53鑑賞の学習における言語活動の充実について記述あり。
p131自画像を段ボールで作成し、相互鑑賞する事例あり。自分の作品について記入するシート例あり。

「美術の授業」(日本文教出版編集部編 日本文教出版 2006)
p58自分の作品(ミニ気球)についての思いや工夫した点をワークシートに書き、発表に役立てる事例あり。

「研究紀要」(さいたま市立田島中学校 2011.2)
p41ロッカーボックスを作成し、ワークシートに自分の作品や友達の作品について記述する事例あり。

「学習指導案綴 平成19年度 中学校研究協議会資料」(埼玉大学教育学部附属中学校 2007)
p102作品を作成する際にワークシートを活用する事例あり。

「研究紀要 学ぶ意欲を高め確かな学力をはぐくむ指導法の研究 平成19・20年度」(さいたま市立桜木中学校 2008)
p43段ボールロッカーを作成する際に自己評価カードを作成し、鑑賞に役立てる事例あり。

「研究集録 平成19・20年度」(上尾市立瓦葺中学校, 2008)
p67万年カレンダーを作成後、鑑賞カード(様式あり)を記入し、鑑賞に役立てる事例あり。

「研究のまとめ 平成21年度 基礎・基本の確かな定着を図る指導等の研究~お互いに伝え合う活動を通して~」(桶川市立桶川中学校 2009)
作品の相互鑑賞の際に鑑賞会プリントを使用する例あり。

「教育美術 2011年12月号」
p22実践例 「美術館を活用した言語活動「絵はがきカルタ」「伝言ゲーム」」の事例の中に、他者に伝わることを意識した作品(既成の作品を利用して作成したカルタ)紹介カード(プレゼンテーションシートの名称)の事例あり。

《埼玉県立総合教育センター》ウェブサイト内「言語活動の充実を図る学習指導の在り方(2年次)」(平成22年度 埼玉県立総合教育センター調査研究 342」)の362ページ目以降に関連部分あり。
http://www.center.spec.ed.jp/d/h22/342_H22_kenkyu_gengo.pdf  2012/04/10最終確認)

《文部科学省》言語活動の充実に関する指導事例集( http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/new-cs/senseiouen/1300990.htm  2012/04/10最終確認)
小学校・中学校の各事例あり。
回答プロセス
(Answering process)
美術教育関係の資料を調査する。
埼玉県立教育センター教育資料室に調査依頼する。

調査済み資料
「美連」No.31-34(埼玉県美術教育連盟刊)
「美育文化」2010年1月-2012年3月
「教育美術」2010年1月-2012年4月
事前調査事項
(Preliminary research)
「子どものための美術教育」(向野康江 弦書房 2010)p159
「造形のための眼・表現・技術の基礎篇」(平不二夫 青蛾書房 2008)p130
「芸術による教育」(ハーバート・リード フィルムアート 2001)
「美術と福祉とワークショップ」(高橋陽一 武蔵野美術大学出版局 2009)
「造形ワークショップの広がり」(高橋陽一 武蔵野美術大学出版局 2011)
「プレゼンテーションの教科書」(脇山真治 日経デサイン篇 日経BP社 2007)


NDC
研究法.指導法.芸術教育  (707 9版)
参考資料
(Reference materials)
「埼玉県中学校教育課程指導実践事例集 平成24年3月」(埼玉県教育委員会 2012)
「中学校新学習指導要領の展開 美術科編」(明治図書出版 2009)
「美術の授業」(日本文教出版編集部編 日本文教出版 2006)
「研究紀要」(さいたま市立田島中学校 2011.2)
「学習指導案綴 平成19年度 中学校研究協議会資料」(埼玉大学教育学部附属中学校 2007)
キーワード
(Keywords)
美術教育
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
埼玉県立総合教育センター教育資料室
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000106500解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
未解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!