このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106427
提供館
(Library)
牛久市立中央図書館 (2310059)管理番号
(Control number)
牛久-882
事例作成日
(Creation date)
2012年05月23日登録日時
(Registration date)
2012年05月23日 10時57分更新日時
(Last update)
2012年05月23日 10時57分
質問
(Question)
金環日食の仕組みについて分かる資料はないか。今日中に知りたい。(受付:2012.05.20)
回答
(Answer)
『よくわかる宇宙と地球のすがた』(国立天文台/丸善/2010)のp18に
以下のような記載があったので紹介した。

「太陽の直径は月の直径の約400倍ありますが、地球からの距離も太陽が月の400倍で
 あるため、太陽と月の見かけの大きさは、大体同じです。太陽も月も地球からの距離が
 ときにより若干変化し、特に月までの距離の変化が大きいので、月が地球に近い時に
 太陽・月・地球が一直線に並ぶと皆既日食、月が遠い時に並ぶと金環日食になります。」

 つまり、今回の金環日食は、月と地球の距離が遠いため、地球から見る月の大きさが
 太陽よりも小さいため、太陽を隠す際に、太陽の輪郭が隠れずに残るために起こることが
 わかった。
回答プロセス
(Answering process)
今日中に知りたいということだったが、日食関係の資料は貸出中。
とりあえず天文学(NDC:44-)の棚をブラウジング。
→『よくわかる宇宙と地球のすがた』(44/120905849)のp18に記述あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
太陽.太陽物理学  (444)
参考図書[レファレンスブック]  (403)
参考資料
(Reference materials)
『よくわかる宇宙と地球のすがた』(国立天文台/丸善/2010)
『スーパー理科事典』(石井 忠浩/増進堂・受験研究社/2006)
キーワード
(Keywords)
金環日食
日食
太陽・月
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
上記資料には、今後の日食・月食の予定日の記載もあり。
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
天文学
質問者区分
(Category of questioner)
一般男性
登録番号
(Registration number)
1000106427解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決