このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106293
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120519-11
事例作成日
(Creation date)
2012年05月16日登録日時
(Registration date)
2012年05月20日 22時05分更新日時
(Last update)
2012年05月21日 12時35分
質問
(Question)
過失犯について知りたい。
回答
(Answer)
過失犯(かしつはん) Yahoo!百科事典[日本大百科全書(小学館)]
http://100.yahoo.co.jp/detail/%E9%81%8E%E5%A4%B1%E7%8A%AF/  (2012/05/19確認)
過失により行われる行為が犯罪となる場合をいう。「過失」とは、法的には注意義務を怠ることと説明される。犯罪は原則として故意犯であり、過失犯は、たとえば「過失により」といった特別の規定がある場合にのみ例外的に処罰される(刑法38条1項)。過失犯には、後述する刑法上の過失犯と道路交通法など特別法上の過失犯とがある。刑法上の過失犯は過失によって人の生命・身体を侵害する罪がその典型であり、従来から過失傷害罪、過失致死罪、業務上過失または重過失致死傷罪があったが、2007年(平成19)に業務上過失致死傷罪の特別類型として自動車運転過失致死傷罪が新設された(刑法211条2項)。それ以外の刑法上の過失犯としては、失火罪、過失激発物破裂罪、過失建造物等浸害罪、過失往来危険罪など、社会法益に対する罪のなかに多く規定されている。なお、結果的加重犯は故意犯と過失犯を結合した場合が一般的であるから、重い結果については過失犯の一種である。・・・
回答プロセス
(Answering process)
Yahoo!百科事典で検索した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
刑法.刑事法  (326 9版)
参考資料
(Reference materials)
Yahoo!百科事典
http://100.search.yahoo.co.jp/  (2012/05/19確認)
有斐閣法律用語辞典 / 法令用語研究会編 第3版 有斐閣 , 2006 ISBN:4641000255
キーワード
(Keywords)
過失犯
故意犯
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000106293解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!