このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000106224
提供館
(Library)
埼玉県立久喜図書館 (2110009)管理番号
(Control number)
埼熊-2012-025
事例作成日
(Creation date)
2012年01月14日登録日時
(Registration date)
2012年05月19日 11時53分更新日時
(Last update)
2012年07月25日 16時47分
質問
(Question)
寛永10年頃に幕府が出した難破船に関する規定があるそうだが、どのような内容か知りたい。難破船に関する定義がその中でされていると思う。
回答
(Answer)
該当の規定が掲載されている資料として以下の資料を紹介した。

『日本財政経済史料 4』(大蔵省編 財政経済学会 1922)p1120に、以下の記述が見られる。
「寛永十三年丙子八月二日 定」(政柄秘記二には寛永十二年とあり)に難破船の規定が3項目ある(以下に引用する)。
「一、公儀の船は不及申諸船共に難風にあひ候時…(以下略)一、船破損之時…(以下略) 一、沖に於て荷物はね候時…(以下略)」

『史料綜覧 17 江戸時代之4』(東京大学史料編纂所編 印刷局朝陽会 1963)では、p82の寛永12年2月の記述に「是月、幕府、難破船救助ノ法ヲ定メ、之ヲ諸浦ニ掲出ス、(御成法)」とあり。
回答プロセス
(Answering process)
《東京大学史料編纂所データベース》を〈難破船〉で検索する。
①《大日本史料総合データベース》
【管理番号】 020100079501
【編/冊/頁】 12編917冊82頁
【綱文和暦】 寛永12年2月是月(16350020660) 1条
【綱文】 幕府、難破船救助の法を定め、之を諸浦に掲出す、
【区分】 史料綜覧
この情報から『史料綜覧 17 江戸時代之4』(東京大学史料編纂所編 印刷局朝陽会 1963)にあたり、寛永12年2月に難破船救助の法が公布されたことがわかった。
②《近世編年データベース》
【史料群名】 日本財政経済史料 4巻1120頁
【和暦年月日】 寛永13年8月2日(16360080020) 3条
【綱文内容】 難破船があったときの心得が定められる
【出典名】 御触書古2、寛永日記増補9~12
この情報から『日本財政経済史料 4』(大蔵省編 財政経済学会 1922)にあたり、規程の条文を見ることができた。
その他
『海事史料叢書』及び『続海事史料叢書』(成山堂書店)を調査したところ、以下の難破船関係の記述が見られた。ただし、いずれも幕府の出した規定ではない。
『海事史料叢書 2』p24-114「難破一件」(解題p1-27)
『海事史料叢書 7』p100-106「難破浦手形」p107-114「破船ニ付浦方出役證文」p133-138「難破浦手形」
『海事史料叢書 15』p33-118「難破船記録」、p119-169「出羽国御廻米破船一件」p171-239「出羽国御廻米難船一件書物寫」p241-377「越前国御廻米積難船一件」
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
海運  (683 9版)
法制史  (322 9版)
参考資料
(Reference materials)
『日本財政経済史料 4』(大蔵省編 財政経済学会 1922)
『史料綜覧 17 江戸時代之4』(東京大学史料編纂所編 印刷局朝陽会 1963)
『海事史料叢書 2』(住田正一編纂 成山堂書店 1969)
『海事史料叢書 7』(住田正一編纂 成山堂書店 1969)
『海事史料叢書 15』(住田正一編纂 成山堂書店 1969)
キーワード
(Keywords)
海事-歴史-史料
法制史-日本
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
所蔵調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
個人
登録番号
(Registration number)
1000106224解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決