このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105694
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2011-11-002
事例作成日
(Creation date)
2011年11月13日登録日時
(Registration date)
2012年05月09日 16時47分更新日時
(Last update)
2012年05月10日 14時38分
質問
(Question)
「ローマ劫掠(ごうりゃく)」について知りたい。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下の資料を紹介。回答時【資料1】は当館未所蔵だったが、現在は購入済。
資料1:「ローマ劫掠」が書名にもなっている美術史/精神史。
資料2:第18巻 第1章「1527年は様々な事件と災厄に満たされた年-エミリアに集結した皇帝軍の動き-教皇領における戦争の推移-同盟諸国とイギリス王国に対する教皇の援軍の要請。教皇とナポリ副王との交渉に対する同盟諸国の疑い」など、著者の『イタリア史』全20巻のうち、第18・19・20巻を収録。
資料3:「1527年、カールの軍隊は「ローマ劫掠」をおこない、教皇を監禁した。(以下省略)」との記述あり。
資料5:p93「1527年には、ローマ教皇の本拠地ローマが神聖ローマ帝国軍によって徹底的略奪される、いわゆる「ローマ略奪」が突発した」との記述あり。これ以上詳細な記述なし。
回答プロセス
(Answering process)
(1) インターネットで「ローマ劫掠」を検索したところ、【資料4】がヒット。ローマ劫掠とは、ローマ略奪、ローマ劫略ともいう、1527年にイタリア・ローマで起こった事件と判明。

(2) また、その【資料4】の参考文献より、【資料1・2】の所蔵を確認。

(3) 当館所蔵のイタリア史に関する資料にあたり、内容を調査。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
イタリア  (237 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『ローマ劫掠 1527年、聖都の悲劇』 アンドレ・シャステル/著 越川 倫明/訳,筑摩書房,2006.12 (237.0/シ06/
)
【資料2】 『イタリア史 9』 F.グイッチァルディーニ/著, 太陽出版,2007.8 (237/グ/9
)
【資料3】 『イタリア史 新版世界各国史』 北原 敦/編, 山川出版社,2008.8 (p247 237/イ08/
)
【資料4】 〔Wikipedia:ローマ略奪〕 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%9E%E7%95%A5%E5%A5%AA (最終確認2012/5/9)
【資料5】 『イタリアの歴史 ケンブリッジ版世界各国史』 クリストファー・ダガン/著 河野 肇/訳,創土社,2005.5 (p93 237/ダ05/
)
キーワード
(Keywords)
ローマ劫掠
ローマ略奪
ローマ劫略
サッコ・ディ・ローマ
Sacco di Roma
カール5世
イタリア戦争
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000105694解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決