このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105583
提供館
(Library)
島根県立図書館 (2110035)管理番号
(Control number)
島根参2011-12-010
事例作成日
(Creation date)
2011年12月09日登録日時
(Registration date)
2012年05月06日 10時01分更新日時
(Last update)
2014年09月03日 09時56分
質問
(Question)
金属加工(車関係)の分野で、同心円状に均等に穴を開けるとき、位置を決める方法のひとつとして「直径1に対する円周を分割する弦の長さ」という表を使い、弦の長さ(穴の間隔)を求めた後、円周上に印を付けるらしい。その詳しい方法が知りたい。この情報は、雑誌『オートメカニック』(2011-5:No.467)のp60~61にあった。
回答
(Answer)
当館所蔵資料より、以下を紹介。
資料1:図1-6「円周を等分割する弦の長さ」(直径d=1)がある。
資料2:穴を加工する位置を決定する作業である「ケガキ作業」の工程があるが、この表を使った作業については書かれていない。

資料4:けがき作業の流れはあるが、この表は用いていない。
資料5:けがき作業とは、材料や部品の表面に加工のための線を引く作業とある。この表は使っていないが、詳しく流れがある。トースカン、Vブロック、ハイトゲージ、マスブロック、ポンチ、コンパス
回答プロセス
(Answering process)
(1) 雑誌『オートメカニック』(2011-5:No.467)の内容を確認。p55~61「ハリー山崎のEV・DIY本舗<第7回>モーターがついにとどいた!!アダプタープレートでMTと合体!」なかの手順にあり。

以下は調査済資料。
・『現場で役立つドリル加工の勘どころ』(日刊工業新聞社,2011.3)
・『機械設計法 機械系教科書シリーズ』(コロナ社,2000.4)
・『最新機械製図 基礎シリーズ』(実教出版,2003.4)
・『初心者のための機械製図 第3版』(森北出版,2010.11)
・『要説機械製図 第2版 機械工学入門シリーズ』(理工学社,2001.1)
事前調査事項
(Preliminary research)
質問を受けた図書館で、『図解雑学三角関数』(ナツメ社,2002 ※当館未所蔵)の「弦の長さ」について書かれたページや「三角比の表」を見るも、質問者が求める表かどうかわからない。
NDC
機械工作.工作機械  (532 8版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】 『標準機械設計図表便覧 改新増補5版』 小栗 冨士雄/共著 小栗 達男/共著,共立出版,2005.4 ※貸出禁止資料 (図1-6「円周を等分割する弦の長さ」 ビジネスR531.9/ヒ05/)
【資料2】 『絵とき「穴あけ加工」基礎のきそ』 海野 邦昭/著,日刊工業新聞社,2009.6 (p22~23「ケガキ作業」 532.2/ウ09/)
【資料3】 『けがき・穴あけ・タップ作業を極める 写真でわかる現場の技能カン・コツシリーズ』 尾形 博照/著,JIPMソリューション,2011.3 (532.7/オ11/)
【資料4】 『図解もの創りのためのやさしい機械工学 改訂版』 門田 和雄/著,技術評論社,2010.3 (p327~328「けがき」 530/カ10/)
【資料5】 『目で見てわかる手仕上げ作業』 平田 宏一/著,日刊工業新聞社,2008.1 (p27~37「けがき作業」 532.7/ヒ08/)
キーワード
(Keywords)
穴あけ
弦の長さ
金属加工
ケガキ(けがき)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
図書館
登録番号
(Registration number)
1000105583解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決