このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105440
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000007541
事例作成日
(Creation date)
2012/04/11登録日時
(Registration date)
2012年04月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年09月11日 13時51分
質問
(Question)
NACCS(輸出入・港湾関連情報処理システム)利用を簡素化するコードの取得の仕方を知りたい。
回答
(Answer)
『ジェトロ貿易ハンドブック2012』(P60)「通関」の項にNACCSおよび「日本輸出入者標準コード」「税関発給コード」の解説が載っていたのでそれを紹介した。
具体的な取得方法については、そこで紹介されている各団体のホームページを参照していただくことにした。
回答プロセス
(Answering process)
「NACCS」を輸出入を伴う事業をはじめるにあたって活用したいということだったので、貿易関連の書架にあった『実践貿易実務』第9版をみると通関システムの項に「通関情報処理システム」として紹介されており、「このNACCSで申告するために、日本輸出入者標準コードを取得しておくと便利です」(p389)とあった。欄外注にコードの取得は財団法人日本貿易関係手続簡易協会(JASTPRO)に申請し取得ができると書かれていた。
さらに『貿易のしくみと実務』の「輸出入者コード番号」(p397)では「税関発給コード」(「税関輸出入者コード」と「海外仕出人・仕向人コード」)と「日本輸出入者標準コード」とがNACCSで用いられるコードとして紹介されていた。
制度の変更が考えられるので、より新しい資料『ジェトロ貿易ハンドブック2012』を参照し、回答した。(実際2008年10月に組織が変わっており、「通関情報処理システム」はそれ以前のNACCSの呼称)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
貿易  (678 9版)
参考資料
(Reference materials)
『ジェトロ貿易ハンドブック2012』ジェトロ/編集(ジェトロ)
『実践貿易実務』ジェトロ/編(ジェトロ)
『貿易のしくみと実務』高橋 靖治/著(同文舘出版)
キーワード
(Keywords)
貿易
通関
NACCS(ナックス)
輸出入・港湾関連情報処理システム
日本輸出入者標準コード
税関発給コード
JASTPRO(ジャストプロ)
ビジネス
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
各コードのオンライン取得申請ページ
税関発給コード
https://www.zeikancode.go.jp/pub/MG01A/MG01AF01SCR.do
日本輸出入者標準コード
https://www.jastpro-code-kanri.jp/jastpro/UI/TopPage/TopPage.aspx
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000105440解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決