このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105427
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000007581
事例作成日
(Creation date)
2012/04/12登録日時
(Registration date)
2012年04月29日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年08月30日 16時55分
質問
(Question)
メチコバールという薬についてわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
メチコバールはビタミンB12製剤の一種で、エーザイ株式会社の製品。貧血や末梢神経の炎症等の際に用いられる。『病院でもらった薬がわかる薬の手引き』『JAPIC医療用医薬品集』等に記載あり。
回答プロセス
(Answering process)
499(医薬品)の書架を探す。
『JAPIC医療用医薬品集2012』(日本医薬情報センター)でメチコバールを調べると、p2686「メコバラミン 補酵素型ビタミンB12」の項にメチコバールの名があり。末梢性神経障害、ビタミンB12欠乏による巨赤芽球性貧血に効くとある。文字が小さく、内容も専門的であるため、かみくだいて書かれている資料を探す。

『病院でもらった薬がわかる薬の手引き 2011-12年版』(小学館)でメチコバールを調べると、p406「血液系の薬」の「ビタミンB12及び葉酸製剤:メコバラミン製剤」にメチコバールの名があり。造血に関係するビタミンであるビタミンB12を十分に吸収できない要因がある場合に用いられる。またメコバラミン製剤は、抗貧血作用のほか、神経組織を修復し感覚機能や運動機能の障害を改善するはたらきがあるとあり。

このほか、『ナースのためのくすりの事典2011』(へるす出版)のビタミン製剤の章のp282「メコバラミン」『早引き薬事典第3版』(ナツメ社)p431「メチコバール」の項にもメチコバールについての記載があったが、最も一般向けに書かれていたのが『病院でもらった薬がわかる薬の手引き』であったため、こちらを見ていただいた。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
薬学  (499 9版)
参考資料
(Reference materials)
『JAPIC医療用医薬品集2012』日本医薬情報センター/編集(日本医薬情報センター)
『薬の手引き2011▷12年版』桝渕 幸吉/編著(小学館)
『ナースのためのくすりの事典2011』守安 洋子/著(へるす出版)
『早引き薬事典』西崎 統/監修(ナツメ社)
キーワード
(Keywords)
メチコバール
メコバラミン
ビタミンB12
ビタミン製剤
医薬品
医療
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
その他
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000105427解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!