このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105173
提供館
(Library)
長野市立長野図書館 (2310222)管理番号
(Control number)
長野市立長野-12-003
事例作成日
(Creation date)
2012年04月23日登録日時
(Registration date)
2012年04月23日 17時35分更新日時
(Last update)
2013年01月19日 10時52分
質問
(Question)
知り合いが「フルブライト奨学金」で留学したそうですが、起源、どういう留学制度か知りたい。
回答
(Answer)
1946年、アメリカ合衆国上院議員J・ウイリアム・フルブライトの発案によって、「教育交流法案」と「軍事財産処分法の一部改正案」の2本立てで成立した奨学金制度です。

日本の本格的なフルブライト計画は1951年、「日米フルブライト計画」が゙発足し、本格的なフルブライト計画は1953年からとなる。
フルブライト奨学金の対象は専門的研究を行う人々、大学院留学生、教師ならびに教育行政に携わる人々、教育視察も含まれた。
奨学金の内容は生活費、学費、渡航費である。
応募資格は満35歳未満、筆記試験、書類選考、個人面談、身体検査などである。
20倍から30倍の競争率でスタートした。

現在も行われている奨学金制度です。
回答プロセス
(Answering process)
「フルブライト」、「奨学金制度」のキーワードで調べていくと、下記の本に行き当たり、J・ウイリアム・フルブライトのことが詳しく載っていましたので、奨学金のことがわかりました。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
『権力の驕りに抗して』J・W・フルブライト/著 日本経済新聞社 1991 <289.3フ> (p64)
『もうひとつの日米関係』近藤 健/著 ジャパンタイムズ 1992 <373フ> (p25 p82~89)
『アメリカの肖像』外岡 秀俊/著 朝日新聞社 1994 <302.5ソ> (p75)
『原典アメリカ史 第6巻』アメリカ学会/訳編 岩波書店 1981 <253ケ6> (p337)
キーワード
(Keywords)
フルブライト奨学金
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000105173解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!