このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000105103
提供館
(Library)
近畿大学中央図書館 (3310037)管理番号
(Control number)
20120422-1
事例作成日
(Creation date)
2012年04月22日登録日時
(Registration date)
2012年04月22日 10時22分更新日時
(Last update)
2014年01月02日 11時12分
質問
(Question)
李斉賢について知りたい。
回答
(Answer)
李斉賢 【イージェヒョン/りせいけん】 이제현-世界文学大事典
朝鮮,高麗末期の文臣,学者。号は益斎,櫟翁。科挙に首席で合格し,芸文春秋館に登用されたのを皮切りに成均楽正,右政承,門下侍中など多くの官職を経て恭愍王(コンミンワン)の代に鶏林府院君に封じられた。 ...

李斉賢【りせいけん】 コトバンク
http://kotobank.jp/word/%E6%9D%8E%E6%96%89%E8%B3%A2  (2012/04/22確認)
りせいけん【李斉賢 (R)I Che‐hyŏn】 世界大百科事典 第2版
1287‐1367
朝鮮,高麗の文臣,学者。初名は之公。字は仲思。号は益斎,実斎,櫟翁(れきおう)。慶州の人。元との外交折衝で重要な役割を果たし,官は門下侍中(首相)に至る。白頤正の門人で朱子学を修め,忠宣王が燕京(北京)に建てた万巻堂で,元の学者姚燧(ようすい),元明善,趙孟頫(ちようもうふ),閻復らと経史について研究討論を行い,高麗朱子学の基礎を固めた。また趙孟頫の書体を高麗に導入し流行させた。著書には,史書に見えない異聞,奇事,人物評,詩文,書画品評等を載せた随筆集《櫟翁稗説(はいせつ)》や,彼の詩文集で,高麗民間歌謡を漢詩に翻訳したものを収める《益斎乱藁(らんこう)》等がある。・・・

이제현
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
朝鮮  (221 9版)
中世思想.近代思想  (125 9版)
その他の東洋思想.アジア哲学  (129 9版)
参考資料
(Reference materials)
コトバンク
http://kotobank.jp/  (2012/04/22確認)
集英社世界文学大事典 / 『世界文学大事典』編集委員会編 1 - 6 集英社 , 1996-1998
韓国歴史用語辞典 / イウンソク, ファンビョンソク著 ; 三橋広夫, 三橋尚子訳 明石書店 , 2011 ISBN:9784750334684 p.205 809
キーワード
(Keywords)
イジェヒョン
りさいけん
高麗朱子学
イ・ジェヒョン
이제현
李齊賢
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000105103解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決