このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104947
提供館
(Library)
市川市中央図書館 (2310001)管理番号
(Control number)
市川20111101-04
事例作成日
(Creation date)
2011年11月01日登録日時
(Registration date)
2012年04月19日 13時17分更新日時
(Last update)
2012年04月19日 13時17分
質問
(Question)
カレンダーは欧米では月曜始まりである。日本のものは、なぜ日曜始まりなのか。
回答
(Answer)
『暦の百科事典』(本の友社 1999)p230 には、現在の7 日週の習慣は聖書に由来するものであり、キリスト教では週の始めの日は日曜日であると説明されている。日本のカレンダーについての記述はない。日付等に関する国際規格は「ISO8601」であるが、対応する日本工業規格として「JIS X0301」(情報交換のためのデータ要素及び交換形式‐日付及び時刻の表記)がある。これを収録した『JISハンドブック情報基本2012』(日本規格協会)p1023 に月曜日を週の最初の日とする表が掲載されており、p1034 に「統一的な週の番号付けのためには週の最初の日を一意に決める必要がある。商業目的には週の開始として月曜日が最も適切と分かった。」とある。それにもかかわらず日本で流通しているカレンダーがなぜ日曜始まりが多いのかについて記載している資料は見当たらなかった。そのため日本カレンダー暦文化振興協会に問い合わせたところ、「日曜始まりの方が需要があるからと思われる」との回答があった。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
時法.暦学  (449)
参考資料
(Reference materials)
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000104947解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!