このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104638
提供館
(Library)
福井県立図書館 (2110037)管理番号
(Control number)
福井県図-20120105-2
事例作成日
(Creation date)
2012年01月05日登録日時
(Registration date)
2012年04月04日 16時53分更新日時
(Last update)
2012年04月11日 15時26分
質問
(Question)
石塚左玄(食育の祖)は、陸軍少将薬剤監で退職しており、当時、陸軍の薬剤監では少将が最高の職位とあるが、本当か。当時の陸軍の階級表があればみたい。
回答
(Answer)
昭和9年では陸軍薬剤監は陸軍少将だが、その上の陸軍中将に陸軍薬剤総監というポストがある。明治29年前後では「薬剤監」は「陸軍少佐」で、「陸軍少将」ではない。
回答プロセス
(Answering process)
1. 「石塚左玄物語」2010 p14-15には、「明治29年陸軍少将薬剤監で陸軍を退職」
「石塚左玄」大空社 1994 p87には、「翌29年3月彼は陸軍薬剤監に任じられ、遂に最高の位置にまで到った」とあるので、明治29年時点の陸軍の階級表を調べる。

2. 396.2あたりの棚をみる。『日本陸軍将官総覧』PHP研究所 2010 p103 「陸軍武官官等級・兵等級表(昭和9年)」によると陸軍薬剤監は陸軍少将だが、その上の陸軍中将に陸軍薬剤総監というポストがある。

3. 国会図の「日本法令索引」データベースで「陸軍武官」で検索。
 明治29年前後では、明治24.3.31.勅令第28号、明治30.3.24.勅令第35号に陸軍武官官等表が出てくるが、いずれも「薬剤監」は「陸軍少佐」で、「陸 軍少将」ではない。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
陸軍  (396 8版)
法律  (320 8版)
参考資料
(Reference materials)
『日本陸軍将官総覧』太平洋戦争研究会/編著 PHP研究所 2010 ISBN:4-569-77552-7 (当館資料コード:1015592817  請求記号:396.2/タイヘ)
http://hourei.ndl.go.jp/SearchSys/  日本法令索引
キーワード
(Keywords)
陸軍
武官
階級
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
人物
質問者区分
(Category of questioner)
小中学生
登録番号
(Registration number)
1000104638解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!