このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104579
提供館
(Library)
千葉県立東部図書館 (2110047)管理番号
(Control number)
千県東-2011-0006
事例作成日
(Creation date)
2011/12/15登録日時
(Registration date)
2012年03月31日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月31日 02時00分
質問
(Question)
「稲むらの火」は小泉八雲が書いたものをもとに、中井常蔵という教員が書いたとのことだが、
 (1)八雲はどのようにして稲むらの火のことを知ったのか。
 (2)中井常蔵はどこで八雲が書いたものを知ったのか。
 (3)八雲が書いたものも見てみたい。
回答
(Answer)
(1)八雲はどのようにして稲むらの火のことを知ったのか。
 以下の2冊に記述がありました。
 ・『小泉八雲作品集 3』のp295-314の解説、p331-334の小泉八雲年表によると、1890(明治23)年、40歳の時来日。彼が作品を書き、発表したのはアメリカの新聞や、『大西洋評論』などの米国雑誌であった。アメリカで新聞記者として生計を立ててきたハーンは、日本へ来ても新聞に興味を寄せた。来日以降のハーンの執筆動機にはその種のジャーナリスティックなものが幾つかまじっており、その一つが1896(明治29)年6月の「三陸大津波」であったそうである。
この出来事をもとに書かれたのが、「A Living God」(生神様)で、同年12月号の『大西洋評論』誌に発表された。ハーンは三陸大津波の直後、今回の天災とあわせて報ぜられた42年前のこの安政津波の故事を家人に朗読させた時、この稲むらの火を深く印象に留めた。ハーンは広村を訪ねたことはなかったが、この素材をもとに芸術家としての自由な空想を働かせて彼なりの「生神様」を書いたとのことであった。
 
・『もえよ稲むらの火 村人を津波からまもり堤防をきずいた浜口梧陵』のp25-29にも、同様のことが平易な文体で記載されている。

(2)中井常蔵はどこで八雲が書いたものを知ったのか。
 以下の2冊に記述がありました。
 ・『「稲むらの火」の文化史』のp58-67「ハーンの翻案とその受容」のp59に、
「中井常蔵は、1907(明治40)年、和歌山県有田郡湯浅町生まれ。県立耐久中学校から、和歌山師範学校本科第二部へ進む。生まれ故郷の湯浅小学校の訓導を一年つとめた後、和歌山師範学校専攻科を卒業。(中略)彼がハーンの作品に触れたのは、和歌山師範の専攻科に在籍していたときだった。英語学習テキストに『ラフカディオ・ハーン集』が使われ、そのなかにA Living Godが載せられていたのである。それを読んで、郷土の偉人の言動に深く打たれたらしい。」とあります。

 ・『もえよ稲むらの火 村人を津波からまもり堤防をきずいた浜口梧陵』のp14-15にも、同様のことが、平易な文体で記載されている。

(3)八雲が書いたものも見てみたい。
 「稲むらの火」のもとになった小泉八雲の話は原題”A Living God”であり、以下の資料に収録されています。

 ・『仏の畑の落穂 他』の「生神」p3-29
 ・『小泉八雲作品集 3』の「生神様」p125-149
 ・『日本の心』の「生神様」p209-233

 なお、「稲むらの火webサイト」( http://www.inamuranohi.jp/ )にて、八雲の「A Living God」(英文)の画像とテキスト全文が閲覧できますので、併せてご紹介します。
(インターネットの最終アクセス:2011年3月29日)
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
個人伝記  (289 9版)
地震学  (453 9版)
参考資料
(Reference materials)
『小泉八雲作品集 3』(ラフカディオ・ハーン著 森亮ほか訳 河出書房新社 1988)338p (9100907565)
『もえよ稲むらの火 村人を津波からまもり堤防をきずいた浜口梧陵』(桜井信夫作 PHP研究所 1987)145p (9600673782)
『「稲むらの火」の文化史』(府川源一郎著 久山社 1999)116p (0105529093)
『仏の畑の落穂 他』(小泉八雲著 平井呈一訳 恒文社 1988)492p (2100748546)
『日本の心』(小泉八雲著 平川祐弘編 講談社 1990)397p (9100898724)
キーワード
(Keywords)
稲むらの火
津波
安政南海地震
紀伊国
広村(和歌山県)
広川町(和歌山県)
浜口梧陵
中井常蔵
ラフカディオ・ハーン
小泉八雲
浜口儀兵衛
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104579解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!