このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104334
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000650
事例作成日
(Creation date)
2012/03/26登録日時
(Registration date)
2012年03月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2014年03月28日 17時11分
質問
(Question)
琉球王朝時代の宮廷料理の作り方に関する資料があるか。
回答
(Answer)
作り方についての詳しい資料はなかったが、宮廷料理についての資料として下記の資料を提供する。

『創立50周年記念 琉球王朝五百年の栄華』(琉球放送 編・刊、2004年)
 p184-188 「琉球王朝の宮廷料理」の項で、写真入りで御冠船料理(冊封使歓待料理)の献立を再現している。

『琉球歴史夜話』(源 武雄、沖縄文教出版、1971年)
 p222‐248 「琉球料理の話」の項で、資料から「尚家の七月盆料理」「伊江御殿盆料理」を紹介し、各種文献から「冊封使接待の料理」「ペルリ提督接待時の料理」「尚順男爵邸の琉球料理」などの献立を抜粋している。

「御冠船料理にみる中国食文化の影響」(金城 須美子 著)『琉中歴史関係国際学術会議論文集 第四回』(琉球中国関係国際学術会議 編・刊、1993年)
 p256‐315 古い文献から、冠船料理の献立構成、食材と調理法、供卓様式を明らかにしている。それを参考に料理の復元も試みている。

「沖縄の食文化ー料理文化の特徴と系譜」(金城 須美子 著)『環中国海の民俗と文化1 海洋文化論』(比嘉 政夫、凱風社、1993年)
 p210‐245 御冠船料理、在番奉行の接待料理に関する記述がある。「冊封之時勅使献立并卓之図」では、冊封使料理の献立及び食品の解説がある。

『琉球料理』(田島 清郷、月刊沖縄社、1966年)
 p137‐140 「琉球最後寅年の御冠船の冊封使接待七宴の献立表」と、首里城の料理長の家に伝わった献立を写した「琉球最後の国王、尚泰侯日常の食膳の料理の一例」がある。

『大琉球料理帖』(高木 凛、新潮社、2009年)
 琉球の古書で王府侍医頭・渡嘉敷通寛が著した『御膳本草』をもとにした料理を食材別に紹介した本。
 p36-41 「最後の琉球王・尚泰即位のときの冊封使料理」献立と、1866年、最後となった冊封使をもてなした料理のうち一品を再現した写真がある。
 p118-123 「琉球貴族・尚順男爵の琉球料理」では、尚泰の四男である尚順の遺稿を頼りに再現した献立の写真がある。

『琉球料理』(沖縄県観光文化局文化振興課 編・刊、1995年)
 p10‐21 「宮廷料理」の項に、『ペリー提督沖縄訪問記』に描かれている晩餐会や料理の様子と、昭和初期まで大きな祝い事のときに首里・那覇の士族階級や上流家庭で作られていたという『五段の御取持』を再現した写真がある。

『琉球料理』(新島 正子、新島料理学院、1971年)
 p12-17 「五段の御取持」の配膳図があり、もてなし順に各料理の作り方と配膳の仕方が載っている。

『琉球料理全書 1』(松本 嘉代子、新星図書、1979年)
 p16-33 「五段の御取持」の項で、五段の御取持で出される各膳の写真と配膳の仕方を、もてなし順に紹介している。

『琉球』(伊東 忠太、東峰書房、1942年)
 p164-167 「冊封使の待遇」の項で、1914年に沖縄を訪問した作者が、首里市長や尚順から受けた饗応料理の献立が記されている。

『御膳本草 ―中城御殿本―』(渡嘉敷 通寛、出版者不詳、出版年不詳)
 琉球王府の食材の調理と食べ合わせに重点を置き記した写本の解説書。琉球王府の侍医頭だった渡嘉敷通寛(1794~1849)が、第17代琉球王尚?(しょうこう)の命を受けて中国の北京に留学し、帰国後の1832(天保3)年に、その謝意を込めて尚?王に献上すべく著した書物。

『御膳本草』(渡嘉敷親雲上通寛/當間 清弘、當間清弘、1961年)
 穀類から甘味までの食材を分類し当時の琉球の食べ物と食べ合わせについて書かれている。

『琉球国食療書「御膳本草」』(横山 學、ノートルダム清心女子大学生活文化研究所、1987~1988年)
 p46 「解題」の項。「ハワイ大学図書館『阪巻コレクション』所蔵の宝玲文庫本である『中城本』を底本とし、…同図書館所蔵の『末吉本』を用いてその校訂にあたった。」

参考にインターネット情報を紹介する。

『御膳本草 中城本』
http://www.hawaii.edu/asiaref/japan/special/exhibit/gozen_j.htm (2012年3月22日現在)
 ハワイ大学図書館所蔵の宝玲文庫本の一部写真の紹介と概略が述べられている。
『御膳本草 毛姓本』
http://www.hawaii.edu/asiaref/japan/special/exhibit/gozen2_j.htm (2012年3月22日現在)
 ハワイ大学図書館所蔵の宝玲文庫本の一部写真の紹介と概略が述べられている。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
技術  (5)
参考資料
(Reference materials)
1 琉球王朝五百年の栄華 琉球放送∥[編] 琉球放送 2004.12 K70/R98 p184-188
2 琉中歴史関係国際学術会議論文集 第四回 琉球中国関係国際学術会議∥編 琉球中国関係国際学術会議 1993.3 K200.4/C67/4 p256-315
3 琉球歴史夜話 源 武雄∥著 沖縄文教出版 1971.11 K200.4/MI38 p222-248
4 環中国海の民俗と文化 1 比嘉 政夫∥編 凱風社 1993.1 K38/KA49/1 p210-245
5 琉球料理 田島 清郷 月刊沖縄社 1966.4 K59/TA26 p137-140
6 大琉球料理帖 高木/凛∥著 新潮社 2009.1 K59/TA29 p36-41、p118-123
7 琉球料理 沖縄県観光文化局文化振興課∥編 沖縄県観光文化局文化振興課 1995.11 K59/O52 p10-21
8 琉球料理 新島 正子∥著 新島料理学院 1971.4 K59/N72 p12-17
9 琉球料理全書 1 松本 嘉代子∥著 新星図書 1979.1 K59/R98/1 p16-33
10 琉球 伊東 忠太∥著 東峰書房 1942(昭和17).11 K52/I89 p164-167
11 御膳本草 ―中城御殿本― 渡嘉敷 通寛∥著 SK499/TO28
12 御膳本草 渡嘉敷親雲上通寛∥著 當間 清弘∥編 當間清弘 1961.8 K499/TO28
13 琉球国食療書『御膳本草』 横山 學∥[著] ノートルダム清心女子大学生活文化研究所 1987.5~1988.11 K499/Y79 p46
キーワード
(Keywords)
琉球
宮廷料理
食文化
料理
献立
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
登録番号
(Registration number)
1000104334解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!