このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104258
提供館
(Library)
沖縄県立図書館 (2110045)管理番号
(Control number)
1000000105
事例作成日
(Creation date)
2012/03/26登録日時
(Registration date)
2012年03月28日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月28日 02時00分
質問
(Question)
吉屋チルについて書かれた資料はないか。
回答
(Answer)
『沖縄大百科 下』(沖縄大百科事典刊行事務局、沖縄タイムス社、1983年)
 p805 「よしや」の項に、「琉歌人。平敷屋朝敏の擬古文物語『苔の下』で〈遊女よしや君〉として描かれているのが唯一の伝記。…その琉歌は、概して和歌的な掛歌、縁語、美意識をもったものが多く、他の琉歌に比べて抒情的な深まりがみられ、恩納ナベと対比される代表的な琉歌人である。〈吉屋チルー〉は近年の呼称で、古くはすべて〈よしや〉である。」との記述あり。
 p805 「吉屋チルー物語」の項に、「琉歌人よしやにまつわる伝説。よしやは恩納ナベと並び称される女流歌人で、幼いとき遊廓へ売られ、ある男性と恋仲になるがそれも裂かれ、18歳で死んだという。そうした境涯に同情してか、一代記的な話が多く伝えられている。」との記述あり。

下記の資料を提供する。

『吉屋鶴幻想』(宮里 政充、菁柿堂、1999年)
 よしやの作品26首の読み、訳、解説と、平敷屋朝敏の『苔の下』の口語訳と原文がある。

『平敷屋朝敏』(平敷屋朝敏研究会 編・刊、1983年)
 p9-17 『苔の下』の原文と注釈がある。

「吉屋思鶴考 ―平敷屋朝敏の『苔の下』に関連して―」(比嘉 勝男 著)『しまうた 3号』(しまうた文化研究会 編・刊、1976年)p12-19
 『苔の下』から吉屋像を探る。吉屋と恩納ナベの作品比較。

『琉球史の女性たち』(岡田 輝雄、新星出版、2004年) 
 p21-36 「吉屋チルー」で、『苔の下』の内容から、よしやの生涯を推測し、その時代背景と沖縄の遊廓や首里王朝についても述べている。

『読谷の先人たち』(読谷村史編集委員会 編・刊、2005年) 
 p65-83 「薄幸の歌人ゆしやチルー」の項で、よしやの伝説と、当時の時代背景について述べている。

『宮良當壯全集 12』(宮良 當壯、第一書房、1980年) 
 p381-392 「琉球の女流歌人とその歌」の項。琉球の四人の女流歌人を比較し作品を紹介している。よしやに関しては14作品をあげている。

『沖縄名作の舞台』(琉球新報社 編・刊、2003年) 
 p70-73 「吉屋チル-女流天才歌人」の項。後世の創作・芸術家に影響を与えている点について述べている。現在の比謝橋と、仲島の大石の写真がある。

「女流歌人吉屋チルと恩納ナビ」(外間 朝貴 著)『青い海 第2巻第9号(通巻第17号) 』(青い海出版社、1972年)p98-102

『琉球学集説 新聞切抜 15』(天野 鉄夫 )
 よしやに関する『琉球新報』の記事がある。
 p55-57 「遊女よしや思鶴伝」(1960年4月24~26日)、「よしやの傳説について」(1960年5月31日)
 p60 「よしやと伊野波節」(1960年7月2日)

『やんばる国道物語』(やんばる国道変遷誌編集委員会、内閣府沖縄総合事務局北部国道事務所、2005年)
 p154「吉屋チル」に、出生地とされる読谷山間切久良波村(現恩納村字久良波)の地図と、旧比謝橋の模型碑の写真がある。
回答プロセス
(Answering process)
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC 
参考資料
(Reference materials)
1 沖縄大百科事典 下 沖縄大百科事典刊行事務局∥編 沖縄タイムス社 1983.5 K03/O52/3 p850

2 吉屋鶴幻想 宮里 政充∥著 平野 紀子∥切り絵 菁柿堂 1999.11 K90/MI82

3 平敷屋朝敏 平敷屋朝敏研究会∥編 平敷屋朝敏研究会 1983.9 K93/H53 p9-17

4 しまうた 第3号 しまうた文化研究会∥編 しまう文化研究会 1976.7 K76/SH43/3 p12-19

5 琉球史の女性たち 岡田 輝雄∥著 新星出版 2004.7 K28/O38 p21-36

6 読谷の先人たち 読谷村史編集委員会 読谷村史編集委員会 2005.3 K22/Y81 p65-83

7 宮良當壯全集 第12巻 宮良 當壯∥著 第一書房 1980.5 K08/MI79/12 p381-392

8 沖縄名作の舞台 琉球新報社∥編 琉球新報社 2003.3 K77/R98 p70-73

9 青い海 第2巻第9号(通巻第17号) 青い海出版社∥編 青い海出版社 1972.10 K05/A52/17 p98-102

10 琉球学集説 新聞切抜 15 天野 鉄夫∥作成 AK07/R98/15 p55-57、p60

11 やんばる国道物語 やんばる国道変遷誌編集委員会∥編 内閣府沖縄総合事務局北部国道事務所 2005.3 K68/Y56 p154
キーワード
(Keywords)
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104258解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!