このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104176
提供館
(Library)
千葉県立中央図書館 (2120001)管理番号
(Control number)
千県中参考-2011-0018
事例作成日
(Creation date)
2011/09/17登録日時
(Registration date)
2012年03月24日 02時00分更新日時
(Last update)
2012年03月24日 02時00分
質問
(Question)
釈迢空の歌「くずの花の踏みしだかれて色あたらし この山道いく人あり」の出典と、この山道がどこか、また、この山道をさぐりだす方法を教えてください。
回答
(Answer)
(1)出典について
釈迢空(しゃくちょうくう)の歌とのことでしたので、釈迢空の歌集について『釈迢空短歌綜集』【資料1】の巻末の「作品初句索引」で確認したところ、該当の短歌はこの図書のp7に掲載がありました。
この図書には釈迢空の複数の歌集が収録されており、該当の歌は、歌集「海やまのあひだ」の中に収録されています。
「大正13年 -52首- 島山」というまとまりの1首目に、「葛の花 踏みしだかれて、色あたらし。この山道を行きし人あり」とあります。
ご質問にありました歌とは、漢字や句点、下の句の文言など細部が異なっていますのでご確認下さい。
釈迢空の歌集「海やまのあひだ」については、大正14年5月30日改造社より刊行されたこと、折口信夫全集にも収録されていることなどが記載されています。
※折口信夫(おりくち しのぶ)は釈迢空の本名です。
なお、この図書には、詠まれた場所について等、1首ごとの解説は掲載されていませんでした。

(2)場所について
『日本文芸鑑賞事典 近代名作1017選への招待 8(大正13~15年)』【資料2】に、歌集「海やまのあひだ」が取り上げられています(p373-380)。
この中で、該当の歌の舞台については「「島山」(14首)の巻頭をかざる「葛の花」の歌は、熊野(和歌山県)の旅での所産か、沖縄や壱岐の旅での所産か長く議論の絶えないところです。」(p380)との記述があります。

『折口信夫必携』【資料3】に収録されている、中井昌一著「折口信夫作品解題 海やまのあひだ」(p128-129)の中に、「葛の花」の歌の詠地については熊野説と壱岐説があることに触れ、「しかし、重層体験と考えるのが、迢空短歌の特質にあう。」との記述があります。

(3)文献の探し方について
上記(2)でご紹介したとおり、この歌の詠地については熊野説と壱岐説があるようですが、更に情報をお調べになりたい場合の、文献の探し方をご紹介します。

大きく分けて、4つの視点(方法)があります。
1.文学事典類、短歌の事典類等で基本的な事項を確認する。
2.該当の歌集が収録されている文学全集等があれば、そこに解説が掲載されていないか確認する。
3.特定の人物(釈迢空)についての研究書を探し、内容を確認する。
4.雑誌論文を探し、内容を確認する。

3と4について、文献を探す方法を説明します。
3.ある人物について書かれている図書を探す場合
図書館の蔵書検索画面で検索項目を「個人件名」にして人名を入力して検索します。(「個人件名」の項目がない検索画面の場合は「件名」で検索します。)
今回の場合は、「釈迢空」のほか、本名の「折口信夫」での研究書も多数あるようですので、両方の名前で検索してみて下さい。
これらの本の中で、歌集「海やまのあひだ」や「葛の花」の歌について論じているもの、あるいは釈迢空の歌全体を論じているものなど、関係しそうな図書をピックアップして内容を確認していきます。
千葉県立図書館で所蔵している図書は、千葉県立図書館ホームページの「図書・雑誌・視聴覚資料の検索」( http://www.library.pref.chiba.lg.jp/cgi-bin/Sopcsmin.sh?p_mode=1 )で検索することができます。

4.雑誌論文を探す場合
CiNii Articles - 日本の論文をさがす(国立情報学研究所)( http://ci.nii.ac.jp/
学術論文情報を検索の対象とする論文データベースです。
論文によっては、Web上で本文を見られるものもあります。フリーワード欄にキーワードを入力して検索します。キーワードの掛け合わせもできます。
キーワードの例:「釈迢空 海やまのあひだ」、「釈迢空 短歌」
なお、読みたい雑誌論文が見つかった場合、Web上で本文を見られないものについては、その雑誌を所蔵している図書館を探す必要があります。

(インターネットの最終アクセス:2012年2月14日)

【追加情報】
回答後、下記の資料に作者本人による記述があることがわかった。

『折口信夫全集 31(自歌自註・短歌啓蒙 歌評)』(折口信夫[著] 折口信夫全集刊行会編纂 中央公論社 1997)
「自歌自註」のうち、p226に該当の短歌が収録され、p227に
「壱岐は島でありながら、伝説の上では神代の一国である。それだけに海としても個性があり、山としても自ら山として整うた景色が見られた。蜑の村に対して、これは陸地・耕地・丘陵の側を眺めたものが集まつてゐる。
山道を歩いてゐると、勿論人には行き逢はない。併し、さういふ道に、短い藤の花房ともいふべき葛の花が土の上に落ちて、其が偶然踏みにじられてゐる。其色の紫の、新しい感覚、ついさつき、此山道を通つて行つた人があるのだ、とさういふ考へが心に来た。」
との記述があり。
回答プロセス
(Answering process)
釈迢空の歌集を調査した。
また、タイトル「海やまのあひだ」で所蔵検索したところ、『日本文芸鑑賞事典』の目次情報がヒットした。
該当の歌の舞台については複数の説があるようなので、更に情報を探したい場合の調査方法も案内した。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
【資料1】『釈迢空短歌綜集』(釈迢空著 河出書房新社 1987) (9100505522)
【資料2】『日本文芸鑑賞事典 近代名作1017選への招待 8(大正13~15年)』(石本隆一[ほか]編 ぎょうせい 1987) (9102911306)
【資料3】『折口信夫必携』(岡野弘彦編 西村亨編 学灯社 1993) (9100386575)
『折口信夫全集 31(自歌自註・短歌啓蒙 歌評)』(折口信夫[著] 折口信夫全集刊行会編纂 中央公論社 1997) (0105331143)
キーワード
(Keywords)
短歌
詠地
釈迢空
折口信夫
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献調査
内容種別
(Type of subject)
質問者区分
(Category of questioner)
社会人
登録番号
(Registration number)
1000104176解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決