このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104129
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000006981
事例作成日
(Creation date)
2012/02/14登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時02分更新日時
(Last update)
2012年04月20日 10時25分
質問
(Question)
医療関連用語の「バチスタ」という言葉はどういう意味か。
回答
(Answer)
拡張型心筋症の患者に対し、拡大した左室の一部を切断し、左室容積を縮小することにより心機能の改善をはかる手術を、開発者であるブラジルの心臓外科医ランダス・バティスタ氏の名をとって「バチスタ手術」または「バティスタ手術」と呼ぶ。
回答プロセス
(Answering process)
参考室の49(医療)の書架を探す。
『標準治療』(日本医療企画)『メルクマニュアル医学百科』(日経BP社)を見るが、「バチスタ」についての記載なし。

Googleで「バチスタとは」を検索したところ、心臓手術関連の用語であると判明。
『循環器疾患ビジュアルブック』(学研)の索引を見たところ、「バチスタ手術」がp218・221に載っていた。p221にバチスタ手術の詳細があり。別名「左心縮小形成術」とのこと。
また『最新医学大事典』(医歯薬出版)p1476に、「バティスタ手術」で項目あり。開発者のDr. Randas Batistaの名から命名されたとのこと。さらに『ステッドマン医学大辞典』(メジカルビュー社)で「Batista」をひくと、Randas Batistaは20世紀のブラジル人心臓外科医とあり。B.procedureを見よとあったため、procedure(処置、治療手法)の項を見ると、Batista procedure「バティスタ手術」として、「過度に拡大している一方または両心室の外科的な削減」と説明あり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
内科学  (493 9版)
参考資料
(Reference materials)
『循環器疾患ビジュアルブック』落合 慈之/監修(学研メディカル秀潤社)
『最新医学大辞典』最新医学大辞典編集委員会/編(医歯薬出版)
『ステッドマン医学大辞典』ステッドマン医学大辞典編集委員会/編集(メジカルビュー社)
キーワード
(Keywords)
医療用語
心疾患
手術
拡張型心筋症
ランダス・バティスタ
外科
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
事実調査
内容種別
(Type of subject)
言葉
質問者区分
(Category of questioner)
一般
登録番号
(Registration number)
1000104129解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!