このページではJavaScriptを使用しています。お客様の閲覧環境では、レファレンス協同データベースをご利用になれません。

レファレンス事例詳細(Detail of reference example)

[転記用URL] http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000104121
提供館
(Library)
豊中市立図書館 (2310050)管理番号
(Control number)
6000001281
事例作成日
(Creation date)
2010/05/05登録日時
(Registration date)
2012年03月22日 02時01分更新日時
(Last update)
2017年03月25日 16時48分
質問
(Question)
豊中市の瑞輪寺に墓があるという、水田西吟という人物についてわかる資料はあるか。
回答
(Answer)
水田西吟(みずたさいぎん)は江戸中期の俳人で、井原西鶴の弟子。生年不詳、1678年より摂津国桜塚(現大阪府豊中市桜塚)の落月庵(らくげつあん)に住み、1709年に没。瑞輪寺(ずいりんじ)に「誹宗西吟之塔」と記された墓碑がある。
『大阪墓碑人物事典』『大阪人物事典』『文学にみる豊中の古迹』などに略歴あり。
回答プロセス
(Answering process)
『大阪墓碑人物事典』(東方出版)で豊中市内の墓碑を調べる。p211に瑞輪寺の項があり、水田西吟の名と略歴が載っていた。摂津岩屋出身の江戸中期の俳人で井原西鶴に師事し、在坂30年ののち桜塚に隠棲。1709年に没し、瑞輪寺に葬られたとのこと。

『俳文学大事典』(角川書店)には、「さいぎん」で項目あり。年代を明記した略歴と、桜塚で営んだ庵の名が落月庵であることが記載あり。この参考図書が『元禄の大坂俳壇』(前田書店)とあり。こちらも見ていただいたほか、『日本古典文学大事典第三巻 さ-せ』(岩波書店)にも「さいぎん」で項目あり。もと摂津国巌屋の人とあり。桜塚での暮らしについてもふれられている。
また『文学にみる豊中の古迹』(鹿島友治)p17に「桜塚・原田神社と俳諧師西吟」の章があり、西吟の出身は兵庫県伊丹市域にあたる岩屋村(現在の大阪国際空港)であったとあるほか、西吟撰の俳諧集「庵桜」より俳句の抜粋などを見ることができる。『新修豊中市史 通史1』(豊中市)第七章第五節「教育と文化」p829にも「俳諧名所の桜塚」として、西吟と桜塚のかかわりについての記述がある。

さらに『大阪人物事典』(清文堂出版)で「みずたさいぎん」を調べる。p1105に項目あり。当時の俳諧における西吟の位置が詳しい。なお、『大阪人物事典』にのみ、西吟は南河内の出身とある。

このほか、豊中市のサイトに「水田西吟撰原田神社奉納俳諧額」のページ http://www.city.toyonaka.osaka.jp/jinken_gakushu/bunkazai/shitei_bunkazai/yuukei/rekishishiryo/rekisisiryou203.html  があり、時代背景や西吟の略歴などを見ることができる。また岡町図書館参考室の広報とよなか「歴史散歩」ファイルに広報とよなか1989年6月号の「瑞輪寺と西吟」の記事があり。

なお、西吟の俳書については、大阪府立図書館所蔵の『日本俳書大系』第7巻の「誹諧庵桜」上下(西吟撰)『近世文学資料類従』古俳諧編 30の「庵桜」(西吟編)などにあり。
事前調査事項
(Preliminary research)
NDC
詩歌  (911 9版)
参考資料
(Reference materials)
『大阪墓碑人物事典』近松 誉文/著(東方出版)
『俳文学大辞典』(角川学芸出版)
『元禄の大坂俳壇』桜井 武次郎/著(前田書店)
『日本古典文学大辞典第3巻』日本古典文学大辞典編集委員会/編(岩波書店)
『文学にみる豊中の古迹』鹿島 友治/著(鹿島 友治)
『新修豊中市史 第一巻』豊中市史編さん委員会/編集(豊中市)
『大阪人物辞典』三善 貞司/編(清文堂出版)
キーワード
(Keywords)
水田西吟(ミズタ サイギン)
西吟(サイギン)
瑞輪寺(ズイリンジ)
豊中
大阪
江戸時代
俳句
俳諧
文学
歴史
照会先
(Institution or person inquired for advice)
寄与者
(Contributor)
備考
(Notes)
調査種別
(Type of search)
文献紹介
内容種別
(Type of subject)
郷土
質問者区分
(Category of questioner)
庁内
登録番号
(Registration number)
1000104121解決/未解決
(Resolved / Unresolved)
解決
Twitter

このデータベースについて
国立国会図書館が全国の図書館等と協同で構築している、調べ物のためのデータベースです。詳細

活用法

刊行物・グッズ
新着データ
最近のアクセスランキング
レファ協PickUP!